私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

30歳代地味女による、自称ネガティブブログ。趣味は妄想。

ドラマ半沢直樹はメンズビジネスファッション目線で見ると、スタイリストさんのこだわりを妄想出来て楽しい。

 

倍返しだ!

 

ドラマ半沢直樹

毎週日曜日夜の楽しみになりました。

 

 

女性キャラの扱い方が昭和的等、SNS上では批判的なコメントも見たことがあります。

ですが私は、半沢直樹背広を着た時代劇と認識してるので、女性キャラ設定にとやかく言うつもりはありません。

半沢直樹は日本のドラマ定番を押さえているからウケた、とか、半沢直樹は時代劇風に楽しむ的な意見記事もありました。

 

そんな半沢直樹で、私が楽しんでいるものの1つが、登場人物達のスーツの着こなし方です。

最近メンズビジネスファッションの本を読みましたので、コロナもクールビズも無縁な世界の、半沢直樹ビジネスファッションについて個人的感想を述べていきたいです。

 

■■■■■

 

正統派ネイビースタイル

 


f:id:midorikirin:20200728173850j:image

 

半沢直樹とその部下森山のスタイルは見比べると面白い。

二人ともネイビーだが、

森山はブルー寄りネイビーに水色ストライプネクタイを合わせて、若手の爽やかさを演出。

半沢は濃いネイビーと年齢と役職に合わせた落ち着いた色味だが、主人公らしい誠実なイメージの着こなしが素敵。

 

またこれは、肩幅と首の長さによる偶然だと思いますが、半沢に比べ、森山の首の後ろのワイシャツの見える幅が広いんです。


f:id:midorikirin:20200801082351j:image

この画像は座って背中が丸まっているので分かりにくいが、立ち姿だと白の幅が広く見える。

私の思い込みという可能性もあるが。

 

首の後ろ側は、背広の上からワイシャツの白がちょっと見えるのが正しい着方ですが、森山はこの「ちょっと」の幅が他の人より広い。その分白の面積が増えるので、よりフレッシュさを感じます。

狙ってそうなってたら、スタイリストさんの演出に胸キュンします。

 

■■■■■

 

とまりさんは、ネイビーストライプ以外考えられない。


f:id:midorikirin:20200728174113j:image

 

ミッチー演じるとまりさんは、ネイビーストライプ。

スタイリッシュさをよりアピール。

どなたかのツイで、とまりさんは場面毎にメガネが変わるらしい。つまりファッションでメガネも変えるデキる男なのかもしれない。

 

■■■■■

 

直樹をギャフンと言わせたい!

 


f:id:midorikirin:20200728174247j:image

 

片岡愛之助さんハマり役の黒崎さん。

銀行は好きじゃない。しょせん金貸し。というお考えがよく分かる、攻撃力高めな赤いネクタイ。

ポケットチーフも赤で、エレガントだけど強い感を演出。

沢山の部下を引き連れて「銀行(証券)をギャフンと言わせちゃうわよ!」という、ある意味リーダーシップも感じられる。

 

■■■■■

 

このドラマの主役は誰だ?私だ!!

 


f:id:midorikirin:20200730080430j:image

 

私が読んだ本では、オススメするスーツの色は紺と濃グレー。ストライプは紺一択。とのことでした。

そんな定番ではなく、ハイセンスなグレーストライプのスーツを着こなすのは、今回ドラマで一番注目されるキャラ。猿之助さん演じる伊佐山さんです。

気合を感じるスーツ姿は素晴らしいです。

 

■■■■■

 

爽やかさと清潔感のレディーススーツ

 


f:id:midorikirin:20200730080940j:image

 

どうしても色味が濃く暗くなりがちな、背広キャラ達の中で、軽やかな清潔感を出してくれるのが、半沢の女性部下のライトグレースーツ。

さりげないプチアクセサリーで華やかも加え、ネームストラップの赤で可愛くアクセント。

男性ではちょっとハードル高いライトグレーを自然に着こなせるのは女性ならではな気がします。

 

■■■■■

 

悪役ボス感と、ただ者じゃないぜ感溢れる黒スタイル

 


f:id:midorikirin:20200730081315j:image

 

結果的に半沢の敵のような位置にあたる、IT企業社長夫婦。

彼らのスタイルは黒。

妻の副社長は色気溢れる黒ジャケット・タイトスカート

夫の社長は首の詰まったオールブラック。スーツではない。

 

我々は型にはまらない、時代の先端を歩んでいるだという自負を感じられるスタイル。

黒はビジネスセオリーで言うと、普段使いしない色なんですが(リクルートスーツは除く)、そんな黒で静かな強さをアピールしてるのが個人的に好きです。

 

興味深い点をもう1つ。

IT企業系キャラは基本皆スーツを着ないのですが、例えば社内の経理担当者や経理に関する打ち合わせに参加。といった場合は、銀行同様にかっちりスーツ姿なんですよね。

スーツでなくても大事な会議ではジャケットを羽織る場面もある。

 

そういう風にスーツ、ノットスーツの使い分けを見るのも楽しみです。

 

■■■■■

 

以上、合ってないかもしれませんが、自分なりに考えてみました。

スーツしばりがあるからこそ、細かな違いでキャラを演出するスタイリストさんは凄いと思います。

衣装協力先を細かく調べたいなぁ。キャラによってスーツブランドも変わりそう。

 

最近読んだ本です。

スーツを見るのが楽しくなりました↓

 

続きが楽しみです。

 

恩返しです!