私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

30歳代地味女による、自称ネガティブブログ。趣味は妄想。

猛暑の臨月について、個人的感想を箇条書きしてみた。

約1年前の年末年始頃に、夫婦で仕込んだ結果が、秋生まれの我が子です。

秋出産。つまり、夏の猛暑の時期に臨月を迎えたのです。

今回は、猛暑の臨月についての思い出話をまとめます。

 

※掲載している商品画像はイメージです。実際に私が使用したものと異なる場合がございます。

 

【今回の箇条書き】

  • 暑がりになる
  • 汗の量が増える
  • 着替えが増える
  • 適度な運動が難しい
  • マタニティタイツを履けない
  • 腹帯を諦める
  • 日焼け対策を諦める
  • メイクを諦める
  • 足が浮腫む
  • クロックスのサンダル最高
  • リラコとユニクロTシャツ最高
  • 冷たい飲み物が美味しい
  • 洗濯物の乾きが良い
  • 赤ちゃん服の準備が未知だった
  • エアコン使用が激増する

 

■■■■■

 

暑がりになる

私にとって一番驚きの変化。

これまでは夜エアコンつけなくても寝ていたのに(※数年前に猛暑で熱中症になりかけたので、最近はエアコンをつけてる)、暑くて寝られなくなった。元々夫の方が暑がりだったのに、私の方が「エアコンの温度設定を低くしていい?」と聞くようになった。

 

 

汗の量が増える

上記に続くが、汗をかくようになった。エアリズムを多いときは1日数回替えることもあった。シャワーは時間と光熱費がかかるので、汗拭きシートを多用した。

妊娠前は、こまめに着替えたり、身体を拭いたりする必要がなかったので、この変化に戸惑いながらも、身体を冷やしてはいけないので、面倒くさがらずに取り組んだ。

 

着替えが増える

上記と被るが、汗をかいて着替えるということを、学生時の部活以外で必須になるとは思わなかった。ユニクロのエアリズム、リラコ、ユニTで乗りきった。猛暑は辛いが、唯一のメリットは洗濯物がすぐ良く乾くことなので、洗濯物ストレスがあまりなかったことが不幸中の幸い。

 

適度な運動が難しい

一番悩んだかもしれない。

体重コントロールの為、ウォーキング等の軽い運動が推奨されていた。でも、猛暑日にウォーキングは自殺行為。独り暮らし時代に午前中だから大丈夫と思ってウォーキングしたらその後熱中症になりかけたこともある。朝も暑いし、夜遅く自宅周辺を歩くのは、慣れぬ場所故に抵抗があった。マタニティヨガスタジオに行くという方法もあったが、そもそも日中外出したくないという気持ちが優先して実現しなかった。

↓運動不足のまま出産に臨んだ結果、分娩台でこむら返りが頻発する事態となった……涙

 

マタニティタイツを履けない

理由は前述の通り暑いから。

困ったのは仕事着。ワンピースは便利なのだが、素足NG&私は膝下ストッキングが苦手、という理由で、マタニティパンツとパンプス用靴下で過ごした。8月後半にようやく薄手のマタニティタイツを着用したが、お腹が楽だし、ワンピースも着やすかった。

 

腹帯を諦める

理由は前述の通り暑いから。

腹帯やベルトは必須ではないけど、あると若干でもお腹が楽になる。しかし、お腹が一番重い頃につけられなかった。


f:id:midorikirin:20200127202502j:image

マタニティウェアのトップブランドメーカー【犬印本舗】公式

 

日焼け対策を諦める

妊娠中に日焼けするのはあまりよろしくないと聞いたが、汗をかくので、塗り直しが面倒なのだ。朝に日焼け止めを塗り、日傘や帽子で対応し、そもそも日中の外出を控えることで何とか誤魔化した。

 

メイクを諦める

理由は汗をかくのと、身体が重くて、メイクする気力が出なかったから。元々メイクが好きな方でなかったし。産休に入ってからはほぼすっぴんで過ごすようになった。たまに外出先で鏡を見て、ゾッとしていた。

 

足が浮腫む

これも困った。

元々浮腫みにくいタイプだったので、パンパンに膨れた足の甲を見てビビった。幸い産後解消したが、当時は戻らなかったらどうしようかと思っていた。

一番最後に浮腫み前後比較画像を貼り付けています。やや閲覧注意です。

 

クロックスのサンダル最高

上記の通り、これまで履いていたサンダルがキツくなったので、新しいものを購入した。腹が大きくてかがめないので、ストラップ等がなく、履きやすいものを求めた結果、クロックスのサンダルに出会えた。クロックスって、実は色々な形やデザインがあるのね。きれいめカジュアル風なものを購入出来て満足。


f:id:midorikirin:20200127202633j:image

クロックス 公式オンラインショップ

 

リラコとユニクロTシャツ最高

マタニティ専用でなくても、ウエストゴムなら大丈夫だろうと思っていたら、ものによってはキツくて履けなかったり、ウエスト以外の部分がお腹周りに引っ張られたりした。しかし、ユニクロのリラコのワイドパンツタイプは、お腹をすっぽり包んでくれて快適に過ごせた。じゃぶじゃぶ洗濯出来るし。パジャマ用と近所お出かけ用と使い分けて楽しませてもらった。ユニTは、新作が出ると売れ残り系が値下げしてたので、その中から数枚買って対応した。

いずれも、布やゴムが伸びて処分が早くなっても惜しくないというところが有り難かった。次の夏も着るよ!!


f:id:midorikirin:20200127202647j:image

ユニクロ TOP - ユニクロオンラインストア

 

冷たい飲み物が美味しい

妊娠中は身体を冷やしすぎは良くないので、決して推奨できることではないが。

体温が上がっているので、冷蔵庫で冷やしたものでないと満足出来ないでいた。それまでは真夏でも湯冷まし常温で飲めたし、ホットコーヒーも嗜んでいた。妊娠中の身体変化って凄い。

 

洗濯物の乾きが良い

多分、猛暑時期に臨月や育児開始する場合の最大のメリットってこれじゃないかな。妊娠中は汗で着替えが増えるし、赤ちゃんが産まれたら、タオルやら肌着やらほぼ毎日洗濯してる。お外でカラッカラに乾いた洗濯物は気持ち良い! 私も我が子グッズを夏の間に水通しして、お日さまの下で乾かした。

 

赤ちゃん服の準備が未知だった

猛暑時期に秋冬物の想像が出来なかった。

どれだけ寒いのか、何枚着せれば良いのかピンとこず、とりあえず本の指示通りにある程度準備した。結果残暑で、新生児用の服であまり活躍出来なかったものもあった。

 

エアコン使用が激増する

何度も書いてるけど、暑いんだもん。

あと、万が一熱中症とかで倒れたら、お腹の子も危ない訳で。電気代は……(´д`|||)

 

■■■■■

 

以上、細かく書いているようで、実は同じことを繰り返しているだけの文章になりましたが、こんな感じです。

恐らく、年末年始にお仕込みなされた方におかれましては、もう間もなく発覚なさる頃でしょうし、奇跡的にこれが参考になれば幸いです。

 

※画像閲覧注意

右が浮腫む前、左が妊娠後期の浮腫んだ状態のもの。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:midorikirin:20200127203415j:image