私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

30歳代地味女による、自称ネガティブブログ。趣味は妄想。

【あるブログ記事を読んだ感想】パートナー間での、考え方の違いと話し合いについて

今回は、日頃購読してるブログのとある記事について感想を書きます。

物語で言うネタバレ満載な読書感想文なので、先に該当記事を読まれることをオススメいたします。↓

女友達(29歳)が1年弱付き合った彼氏と別れた理由が味わい深かった - ごんブロ

 

【今回の見出し】

  • 記事を読んで私が考えた2つのこと&登場人物紹介。
  • パートナー間において、客の立場になった時の考え方の違いについて。
  • パートナー間において、話し合いの大切さについて

 

■■■■■

 

記事を読んで私が考えた2つのこと&登場人物紹介。

 

私が記事を読んで感想を書きたいポイントは次の2つです。

  1. パートナー間において、客の立場になった時の考え方の違いについて。
  2. パートナー間において、話し合いの大切さについて。

ブログ主が伝えたいこととは異なる内容です。私はブログ主の考えではなく、記事を読んだ感想を書きたいので、論点ズレになることを、予めご了承ください。

 

記事はとあるカップルが別れた話なので登場人物についてコピペいたします。私も「Mちゃん」「彼氏さん」と書いていきます。

◆登場人物

Mちゃん:29歳女性。おしとやか可愛い。育ちが良い。

彼氏さん:33歳男性。ルックス良し。収入申し分無し。

※今回は、該当記事の文章を度々引用または引用を元に編集させて頂いています。すみません。

 

■■■■■

パートナー間において、客の立場になった時の考え方の違いについて。

 


f:id:midorikirin:20191202125037j:image

 

Mちゃんと彼氏さんが別れる結果となった原因は外食先で客の立場になった際の二人の考え方の違いです。二人はデートをした店で、店側のミスにより、彼氏さんが激しく怒り、デートが台無しになりました。そこでお互いの考え方が違うことが分かりました。

Mちゃんの考え↓

店側のミスは悪いと思うが、店側にも事情があることを思いやりたい。

彼氏さんの考え↓

店側にどんな事情があっても、客には関係ない。1万円を払ったら1万円のサービスを受けてしかるべき

私もMちゃんと近い考えです。なので、彼氏さんのような考えを持つ人も実際にいらっしゃるのだと学びました。

ただ、これはMちゃんが正解、彼氏さんが不正解という訳ではありません。彼氏さんの意見も正しいです。しかし客側が彼氏さんの考えでいるのはトラブルの元になる可能性が高いと私は思います。

彼氏さんの考えを読んで私はグランメゾン東京のキムタク演じる尾花シェフを想像しました。尾花シェフは恐らくこう考えるでしょう。

お客様が1万円を払ったら、我々は10万円の価値を提供してしかるべき。

※妄想です。

尾花シェフはプロ意識がめちゃくちゃ高い方です。客が払う対価以上のものを提供しようと常に努力されているでしょう。

対価と同等或いはそれ以上の価値。これは提供する側が意識して努めることは良いことだと思いますが、客側が必要以上に求めすぎるのは厳しいと思います。何故なら、提供側は客側が何を持って対価と同等或いはそれ以上と判断するか分からないからです。それを踏まえて、対価以上の価値を提供する店もありますが、全ての店が徹底出来るものではありません。

故に、彼氏さんの考えは間違っていないけど、客側からその主張をする場合は、店の選び方やそれなりの金額を払うことが求められることになります。その為、私は彼氏さんの考えには賛同しかねます。私は客側も店側がスムーズに提供出来るように協力の姿勢を示すことが、お互いに気持ちの良い時間やサービスを作り出せると思っています。

 

話が変わりますが、このカップルは結婚も意識しようとしていたようです。しかし件のデートで別れることになりました。このような事態にならないように注意すれば二人は結婚に至ったのかもしれません。

どうすれば良かったのかと言うと、彼氏さんがグランメゾン東京のような店を見つけて予約して行けば良かったのです。彼氏さんがクレーマーにならずに済む店に行けば、回避出来たのかもしれません。

今回別れることになるのは、行った店がMちゃんお気に入りの素敵な小料理屋です。どんな店かは憶測で語ります。

  • 小規模なのでキャパ越えしやすい、安定したサービス提供を保証していない(☆)店→クレーム要因が発生しやすい。
  • Mちゃんお気に入りの店→雰囲気悪くすると次行きにくいので、彼氏さんにはクレーマーになってほしくない。

上記2点から、デートに選んだ店は、事前に彼氏さんがクレーマーになりやすいタイプを知っていれば、非常に難易度高いものだったのです。二人にとって今後を考える試験的要素があったとも言えます。

結果、二人はクリアならず、Mちゃんは別れを決意します。なので、グランメゾン東京的な店にしておけば、このような事態は回避出来たでしょう。

でもこれ、問題回避にはなっても、解決にはならないですよね。むしろ結婚後に発覚してたら難儀したかもしれません。そういう意味で、Mちゃんはお辛かったと思いますが、別れるという決断を出来て良かったと思います。お疲れ様でした。

☆→例えば鯛の煮付けが絶品でそれ目当てに店に行ったけど、仕入れの都合で鯛がなく、代わりにカレイの煮付けを食べたら、これもまた絶品だった、というやり取りが醍醐味な店もあります。

 

(※Mちゃん、彼氏さん共に恋愛・結婚願望があるという前提です)

私は、Mちゃんが次素敵な出会いがあることを祈るばかりです。

そして、彼氏さんは恐らく今後も別の女性と出会い、お付き合い出来ると思います。その女性が、彼氏さんの考えに賛同してくれるタイプなら、上手くいくでしょう。ただし店側にとっては、そんなカップル客が来られたら、かなりのハードモードです。

 

■■■■■

パートナー間において、話し合いの大切さについて

 

デートが台無しになった後、二人はLINEで意見を述べ合います。具体的文面は分かりませんが、印象として、Mちゃんと彼氏さんは話し合いが出来ていませんでした。Mちゃんは彼氏さんが主張する「店側が悪い」という意見に、多少は賛同する姿勢を示し、その上で自分の意見を述べています。しかし彼氏さんは「店側が悪い。自分は悪くない」と言うだけで、Mちゃんの訴える「デートが台無しになって悲しい」という声に耳を傾けていませんでした。

これは自分への戒めでもありますが、話し合いとは、双方が納得できる方法を模索することなので、相手の意見を尊重したり考えたりする必要があります。Mちゃんが別れて良かったと思うのは、そもそも話し合いが成立しない相手だったからです。

ちなみに恐らく彼氏さんは、誰とも話し合いが出来ない訳ではありません。自分の意見を全て賛同して、受け入れてくれる女性なら、話し合いは成立します。しかしそれは対等とは程遠い上下・主従という関係になりそうですが……。

パートナーとして共に生きていく為には、そして自分が相手と対等に関係を築きたいなら、話し合い出来ることは非常に大切です。

個人的なことですが、私は現在、夫とあることで話し合い、その内容をこれから実行し、結果を見ようとしています。結果私のワガママ主張ということになるかもしれませんが、まずはやってみようと思います。駄目ならまた話し合いたいです。夫がそんな私に付き合ってくれることを願うばかりです。この内容は落ち着いたら記事にしたいかも。

 

■■■■■

 

↓最近楽しく観てるドラマです。

キムタクは昔からキムタクだけど、今改めてキムタクカッコいい!と思う日々です。

相関図|TBSテレビ:日曜劇場『グランメゾン東京』

 

↓私のクレームについての考えはこちらでまとめています。自ブログ内で割りとよく読まれている記事です。

 

↓今回感想を書いた「ごんブロ」は、以前も紹介させて頂いています。また、読みながらぱぷりこ様のブログも浮かんだので、両方紹介している記事を貼り付けておきます。