私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

30歳代地味女による、自称ネガティブブログ。趣味は妄想。

【ネタバレ無し】令和最初の夏に『ちひろ』と『彼方のアストラ』を読んだ

夏に楽天Koboでコミックを読みたいと思い、『ちひろ』と『彼方のアストラ』を購入しました。

今回はそれぞれネタバレ無しで紹介します。

↓昨年夏にも電子書籍コミックを大人買いして読みました。

 

■■■■■

 

ちひろ

 

ちひろ 上

ちひろ 上

 

↑こちらは、購読してるはてなブログの記事で紹介されていて、少し前から気になっていた作品です。

ちひろ』は上下巻で完結しており、現在は続編の『ちひろさん』が連載中のようです。続編は完結していないようなので、今回は『ちひろ』だけを購入しました。

 

ちひろさん 1 (A.L.C. DX)

ちひろさん 1 (A.L.C. DX)

 

後で気付いたんですが、作者は『ショムミ』の方だったんですね。

ドラマが人気だった頃、原作コミックを読んだことがありますが、クセのある画風に、子どもの自分はちょっと馴染めませんでした。

今回の『ちひろ』もクセのある画風は変わらずですが、味があって良かったです。

主人公ちひろは風俗嬢なので、お客さんとの身体のやり取りも、割りとストレートに描写されています。ですが、淡々としていて誇張もないので、私は特に不快と感じるこたなく読めました。

ただ、未成年の方は読むのを遠慮した方がよろしいかと思います。

物語としての感想は「ああ、こういう考えや生き方の人達もいるんだなぁ」ということです。風俗嬢として働く自分を隠さない、むしろプライドを持ち、プロとして生きるちひろはとても素敵です。一方で独特の感性を持つ彼女について、同性として友達にはなれないなぁとも思いました。

続編『ちひろさん』を読むかどうかは検討中です。

↓『ちひろ』『ちひろさん』を紹介してくださっている記事です。

記事を読む限り、『ちひろさん』の方が読みやすそうで良いかもなぁとも思っています。

 

■■■■■

 

彼方のアストラ

 

↑こちらも購読してる別のはてなブログで紹介されていた作品。

ジャンプ系で全5巻だったので、失礼ながら打ち切りエンドかなと思ってしまいましたが、ググると「完結してから評判が上がった」等コメントがあったので、読んでみようと思いました。

前知識無しで読み始めていて、何だか安心する絵柄だなぁと思いました。『ちひろ』を読んだ後だったので余計に(笑)

作者:篠原健太

聞いたことあると思って調べたら、スケットダンスの作者か!

と、俄然読む気が出て来て、その後楽しく読むことが出来ました。

 

↑全巻読めていませんが、好きです。心と財布と時間の余裕があれば、大人買いして読みたいです。連載当時は暗黒の20代社会人だった為、10代が活躍する爽やか学園コメディを読める精神状態ではなかったのです。

 

感想ですが『彼方のアストラ』はとても良かったです!

SFサバイバルですが、爽やかで清潔感ある絵が好印象でした。血みどろ暴力や若い女性への性的搾取描写(※)がなく、とても読みやすかったです。青年漫画だとそういう要素が出て来てしまいそうなイメージがあるので、少年漫画で良かったと思います。一方、人によっては物足りない、ツッコミどころがあると感じるかもしれませんが。

昨年読んだ『なるたる』が鬱系と呼ばれる作品だったので、今年は逆のタイプを読みたいと思っていたので、この選択は正解だったなと思いました。

※途中で少年漫画のお約束的な水着場面もありましたが、ラブコメ程の過激さはありませんでした。

 

↓『彼方のアストラ』については、この記事で知りました。

 

↓アニメ化してたんですね! アニメは未視聴です。

TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト

 

■■■■■

 

今回は日頃自分が購読しているブログの感想文・レビュー系記事を参考にして、コミックを選びました。

ちょっとググれば、簡単にネタバレ感想記事が出てきますが、その大半は物語の上っ面をただ撫でているだけの印象です。

(アフィ稼ぎ用記事なんだろうなぁ~、と意地悪なことを考えてしまうこともあります)

ネタバレ有無関係なく、ブログ主の言葉で、その方の考えや感じ方が伝わる感想文やレビューは素敵だなと思います。

私もそんな感想文が書けたら良いなと思いながら、今回はさっくりと終わらせようと思います。