私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

30歳代地味女による、自称ネガティブブログ。趣味は妄想。

【終わったよ】小説家になろう公式企画『夏のホラー2021』最終感想まとめ

小説家になろう公式企画『夏のホラー2021』が終了しました。


f:id:midorikirin:20210827060822j:image


f:id:midorikirin:20210827060835j:image

https://syosetu.com/event/horror2021/

27日金曜日時点で1000作品位でした。

(受付期間は26日まで)

 

テーマかくれんぼについては、先月第1回感想記事でまとめてありますので、今回は企画自体や小説家になろうについての、私の個人的感想を書きます。

前回感想記事はこちら↓

 

■■■■■

 

感想:一夏の楽しみとなりました。

 

感想は一言、楽しかったです。

3年前に結婚や出産やらで、小説家になろうから遠ざかっていましたが、夏ホラ企画を機に復活出来た感じがします。

昔は恥ずかしながら野望みたいなものがあって書いてましたが、今は自分時間を楽しめる貴重なコンテンツと捉えております。だから今の方がなろう活動が楽しい。

昔は人気が出る・腕を磨くことを意識したブクマやユーザー様チェックをしてましたが、今は素直に自分が楽しめる形でユーザー様とやり取りさせてもらっています。皆様の優しさに感謝。

ブクマも、自分の好きが詰まった本棚みたいになって、ブクマページ見ながらニンマリしてます。

 

毎年夏になると私は、漫画や本を購入して読んでおりました。今年はなろうで同じ楽しみが出来たなと思います。来年はどうしようかな♪

↓過去夏の思い出

【ネタバレ無し】令和最初の夏に『ちひろ』と『彼方のアストラ』を読んだ - 私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

【ネタバレなし】平成最後の夏は『ペンギン・ハイウェイ』と『なるたる』を読んだ。 - 私に価値があるかどうか分からないけど無いこともないかな

 

 

 

■■■■■

 

夏のホラー2021について、感謝御礼したいこと。

約1000作品揃った夏ホラ2021。

私が読んだのは、30〜40作品位です。

開始から1週間位で、飽きた&疲れた※もあり、ブログで感想をまとめて、それ以降はのんびり読んでおりました。

そんな時に、なろうユーザーの瑞月風花様が、夏ホラ作品を沢山紹介してくださっているのを知りました。

240以上の夏ホラ作品を読まれたとのこと。凄い。

紹介の仕方もとても素敵で。

怖さ度数を出してくださり、文字数多めとか、ネタバレしない範囲で面白さを伝えてくださっておりまして。

後半は瑞月様紹介の作品を中心に読んでおりました。数が増えると、何を読もうか選ぶのも大変です。なので有難い存在でした。感謝です。

↓瑞月風花様のなろうページ。活動報告にて、紹介してくださっています。

https://mypage.syosetu.com/651277/

 

そして瑞月様が書いた夏ホラかくれんぼ作品がこちら。やられた!完敗!という気持ちになりました。私は1回目読後感想ページチェックとグーグル検索を経て物語の真相を知り、2回目読んで恐怖を味わいました。1回目で恐怖衝撃を味わいたかった!

毒か花か

https://ncode.syosetu.com/n8653hb/

 

■■■■■

 

以上、これからも小説家になろうをゆるく楽しもうと思うこの頃でした。

 

※言い訳ですが、ホラー作品は読むだけで気持ちにダメージくるんですよ。フィクションとはいえ40近くの死や不幸や絶望を頭の中で描くわけで。

なので、合間に恋愛ハピエンものを、なろうで見つけて読んでエネルギー補充しておりました。

↓最近ハマっている秋月 忍様の作品。甘め具合が自分にぴったり♡

『今さら「恋愛」とか、もう面倒。錬金術師は、仕事一筋』

https://ncode.syosetu.com/n8911gs/

 

オリンピック系を自粛してる代わりにオモコロ読んでる私がオススメ記事をゆるくランキング紹介する

気持ちの整理がつかない等の理由で、オリンピック関連を見ることは控えております。

その代わりにオモコロ記事を読んでるのでオススメ記事をランキング形式で紹介します。

チョイス基準は私の好みと偏見のみです。


f:id:midorikirin:20210728165401j:image

ライターさんのコメントが好き。私のオモコロハマりポイントです。

この丸アイコンが好きすぎて自分でオマージュ作りました。


f:id:midorikirin:20210728165615j:image

 

■■■■■

第7位

全く新しい「いきなりステーキ」の新業態を考えよう

 

集めた単語をシャッフルして並べるだけのシンプルな記事ですが、それに答えるオモコロライターさんのコメントが絶妙なので、いくらでも見れる感じ。ザ暇つぶし。

 

■■■■■

第6位

【動画あり】一般人だけど20代最後なのでプロにオリ曲を作ってもらった

人気ライターARuFaさんのアニバーサリー的な記事。

なので、他のARuFaさん記事を読んでから、この記事を読んだ方がオリ曲の歌詞も納得しやすいかもです。

オリ曲はとても素敵でした。プロって凄い。


f:id:midorikirin:20210728170057j:image

↓その他のARuFaさんの記事はこちら

ARuFaが書いた記事 | オモコロ

 

■■■■■

第5位

【わしの修行は厳しいぞ】漫画の師匠にありがちなキャラ10選

オモコロにはあるある系も多数あります。

漫画アニメのあるあるまとめは、キャラクター作りの参考にもさせてもらっています。

紹介する師匠キャラ10選は確かに全員見たことある気がします。

↓こちらもオススメ

「どこにでもいるごく普通の高校生」検査 | オモコロ

【性格別】「悪の組織」によくいる敵とその裏切り方11パターン | オモコロ

 

■■■■■

第4位

お母さんに見つかるな!第1回エロ本隠し選手権

私がオモコロにハマるきっかけかもしれない記事。第2回も開催されているけど、個人的にはヒネりが少ない1回目の方が好き。2回目はレベルアップした永田ママに対抗する方法に複雑さが増しすぎています。


f:id:midorikirin:20210729050517j:image


f:id:midorikirin:20210729050531j:image

丸アイコン会話やり取りの魅力に気付いた記事。この選手権は名言が多いです。

 

■■■■■

第3位

【徹底討論】あなたはどっち?お金関係だらしない派vsしっかりしてる派

これを読んで私はどちらかと言えばしっかりしてる派だなと思いました。他人はもちろん、自分の金銭感覚がどんな感じなのか意外と知らないものです。お金の話はなかなか親しい間でもラフに会話しませんので、とても興味深い記事でした。お金の使い方や考え方は、その人の生き方や性格人柄が見えてくるんだなと思いました。


f:id:midorikirin:20210729051307j:image

みくのしんさん。。。。

 

■■■■■

第2位

【最強プロフ写真】Tinderでモテるのは俺だ選手権

ライターさんが色々演出を工夫されているのが面白い。超オススメは紅一点モンゴルナイフさんのTinderプロフ画像。見事な自撮りです。私はネット婚活したことがありますが、モンゴルナイフさんの演出の考え方がほとんど私が当時掲載したものと一緒だったのがウケました。アプリの傾向にもよりますが、マッチングアプリを女性が使用する時の参考になりそう、ならない??

↓こちらも好き。やってみたい気持ちになります。

最凶の悪人顔は誰だ? 容疑者フェイス選手権 | オモコロ

 

■■■■■

 

第1位

妄想バンドのアルバムジャケット選手権

選手権の審査方法は2つあります。1つは参加者や別のオモコロライターが審査する身内方法。もう1つはその道のプロに審査してもらう方法です。私はプロ審査系が好きです。笑いつつもプロのコメントが読めて知識欲が刺激されるからです。

第1位の記事は、プロミュージシャンに架空アルバムジャケットを審査してもらうものです。その場に作った本人がおらず誰が作ったのか分からない、という状況で審査するので、企画者もビックリ予想外な厳しいコメントが連発します。ホント、読者も無視してバッサバッサ斬るミュージシャンのお二人凄い。でもプロならではの鋭い視点が垣間見れて、今後音楽を楽しむ姿勢も変わりそうでした。

↓こちらはプロ審査系でも、プレゼンターを前にして審査する選手権。優しくレクチャーしてる雰囲気がします。現代アート選手権は、審査員のコメントを読むだけでも価値アリ!!

強くてカッコいいファイターを目指せ!オリジナル格ゲーキャラ選手権 | オモコロ

【挑戦】美術のプロを唸らせろ! 初心者だらけの「現代アート展」! | オモコロ

 

ちなみに。

第1位に選ばれた記事が好きすぎて、私は以前オマージュ記事を投稿したことがあります。

Twitterで絡ませてもらっているごんちゃろさんの協力を得て仕上げた記事。自分史上最も熱量がこもってます!

 

■■■■■

 

いかがでしたか?

他にも漫画や動画やラジオに有料会員企画等、盛り沢山のコンテンツがオモコロにはあります。

心が疲れた時にそっと覗いてみてはいかがでしょうか?

 

おそまつ。