私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

雑記3月5日(火) コンビニ店員さんとか、楽天のパンダとか

私はブログの記事というものは、ある程度テーマがまとまっているものだと思っていた。

だから「あ、これについて書こうかな」と思った時、「これ」を始めから終わりまで、流れとなるようにしようと思ってきた。

だが、最近その作業がしんどくなってきた。

テーマを肉付け、まとめるのが億劫になってきた。

なので、更新が遅れていた。

 

しかし、先日トピシュ様が「雑感」として、最近の色々をつらつら書いたものをアップしていた。

読んで思った。

なるほど、その手があったか、と。

 

なので、今回は初めての雑記を書いてみる。

今までのも充分雑記かもしれないが、そこは温かい目で見てほしい。

 

■■■■■

 

コンビニの外国人店員さんについて

 

見るのも聞くのも嫌だから、タイムラインに動画的なのが流れるけどスルーしてる。

コンビニの外国人店員さんの言葉遣いをテレビで面白おかしく批判していたらしい。

数年前から、よく行くコンビニでレジしてくれる店員さんは皆、ネイティブは日本語ではないなと思われる方々。

正直、私は初めはおつり間違えられたらどうしようとか思ってしまってたけど、そんなこと全然ない。

ポイント値引きも、お箸かスプーンか選ぶのも、ちゃんとしてくださる。

また、外国人店員さんがきっかけで、私はレジではっきりと発言するようになった。

失礼かもしれないが、私のボソボソ声では聞き取りにくいだろうと思い、少し大げさに聞こえるかもしれないくらい、「お箸ください」「ポイントで◯◯円引いてください」「ホットコーヒーSサイズ」とはっきり言うことを意識するようになった。

そして、最後に「ありがとう」という言葉も、これまでは言っているのか分からない程の声量だったが、今は少なくともレジの人には聞こえる音量で言っている。

そういうことを意識してたら、レジが誰とか関係なく、また店内をまわる販売員さんにも、はっきりと発言できるようになった気がする。

中学生の頃、部活のお昼ご飯を買うためにコンビニに行った時、部員の一人が「ありがとー」と明るくお礼を言ってレジを去るのを見て「凄いなぁ」と思ったことがある。当時の自分はレジの人と目を合わせることも出来なかった。

そういう意味では、大人になってもボソボソとした客だった自分を変えるきっかけになった外国人店員さんに感謝しないといけないなと思う。

 

■■■■■

 

楽天おかいものパンダが可愛い

 

電子書籍を買おうとした時、初めはKindleを考えていた。

私が快適に読書出来る方法を見つけた。 - 私には価値が無い。

友人から借りて初めて読んだ電子書籍Kindleだったからだ。

だが、結局私は楽天Koboにした。

理由は、Amazonアカウントを持っていなかったからだ。

そして私は当時まだネット通販に対して、心を開ききってなかったので、アカウント新規作成に抵抗があった。

一方、楽天はたまたま都合でアカウントを作っていた。

わざわざアカウントを作らなくて良いし、楽天のパンダ可愛いし、と思い、楽天Koboにした。

運よく立ち寄った書店で楽天Koboの電子リーダーを置いており、現物を手に取れたことも大きい。

かくして、私の楽天ポイント生活は始まった。


f:id:midorikirin:20190305215630j:image

遂に念願のおかいものパンダぬいぐるみを手にいれた。

もっと早くこのサービスに気付いていれば、あと2個くらい手に入れられたはずと思うと悔しい。

 

■■■■■

 

金がヤバいので、弁当持参を始める。

 

子どもに持たせたら、キレられそうなメニューではあるが、ここ最近お弁当を持参して出勤している。

毎月の出費がいよいよヤバくなり、このままでは突発的出費に対応できないと思い、まずはとランチ代節約を試みてみた。

まだ期間は短いが、財布から現金が減るペースがゆっくりになっている気がする。

反動で、クレジットカード支払いで、夜外食してしまうので、結局意味がない感じもするが、長い目で続けていこう。

 

■■■■■

 

最近のツイートより

 

[

 

 

季節の変わり目は、色々つぶやきたくなる。