私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

暗黒の20代。私の傍にはノートパソコンがいた。

Windows7、サポートやめるってよ。

Windows7のサポート終了まで待ったなし!スムーズに移行するための社内説得術 - デジタルで切り開くビジネスの未来 | 日経 xTECH SPECIAL

 

私の私物ノートパソコンはWindows7だ。

最近、スイッチ部分が馬鹿になってきて、すぐ起動しなくなっている。

重量あるので、持ち歩きにくい。最近おしゃれカフェでノートパソコンを叩きたい欲が増し増している。

 

なので、近い内にパソコンを買い替えようと考えている。

今、使っているパソコンに未練はない。

むしろ、私の暗黒の20代を寄り添ってきた、良い思い出だけではなく、嫌な思い出もこのパソコンには染み付いている。

手放す時が来たのだ。

 

手放す前に、ここで思い出を綴る。

 

■■■■■

 

出会いは、就職して間もない頃。

大学生の頃から使っているノートパソコンが壊れたので、今回は自分のお金で買うことに。

  • オンオフ両方で使いたい。
  • 持ち歩きたいからノートパソコン。
  • DVDを見たい。

この条件から、店員さんはレッツノートを薦めた。

当時、ブランド名全然知らなかったし、結構良い値段だったけど、えいやー!! と購入した。

 

■■■■■

 

大学生の頃、友人達が「ようつべ見た」とか「ニコニコで面白いのあるよ」とか話しているのを聞いていた。

社会人になって、ようやくようつべさんデビューする。

違法ダウンロード系動画だけではなく、公式の予告編やPVもある。

遅くに帰ってきた一人暮らしの部屋に、盛りだくさんのコンテンツを私に与えてくれた。

 

■■■■■

 

転職して、引っ越してまた一人暮らし。

20代後半に向かおうとしている頃。周りは恋人、結婚、子どもの話で賑わってくる。

なのに私は仕事が出来ない駄目社員で、憂鬱な気持ちで休みの日を家でぐうたら過ごしていた。友達との約束もない。もちろん恋人もいない。

そして、当時の家にはテレビもなかった。

私はひたすらツムツムしたが、飽きてきたら、ノートパソコンで動画を見た。DVDをレンタルして見た。

やがて気付く。

ノートパソコンで再生した動画は、寝ながら試聴はしんどい。見にくい。

テレビを後に購入した。

 

■■■■■

 

仕事もプライベートも全然駄目で、ストレスもヤバかった時に、私は就職したての頃の、研修で聞いたある言葉を思い出した。

「ストレス解消法は、受動的よりも能動的な方が良い。

スポーツ等で身体を動かしたり、楽器を演奏したり、絵や書道等の作品を作ったり」

私は思った。

ノートパソコンで、小説を書こう!

 

始めた小説家になろう

http://syosetu.com/

全然、ヒットしなかったけど、それでも相互感想とかしたり、顔の見えない素人作家さんの作品を読んだり。

子どもの頃、あり得なかったことが出来た。

とても貴重な体験が出来た。

当時Twitterアカウントも作っていたが、今はない。

↓子どもの頃はむしろ恥ずかしいというくらいに思ってたしなぁ。

 

■■■■■

 

20代最後の夏に、ネット婚活をした。

帰省中に、家族に隠れて、カタカタとプロフィール入力をした。

結果ありがたいことに、結婚した。

ありがとう、ノートパソコン。

 

↓婚活についてもう少し触れた過去記事

 

■■■■■

 

そんな感じ、私の20代を共に生きたノートパソコン。

安らかに眠れるような、適切な方法で処分したい。

 

■■■■■


f:id:midorikirin:20181024110640j:image

↑今使っているレッツノートの最新モデル。

一番欲しいやつだけど、予算が合わないので眺めるだけにしてる。

※画像は公式サイトのスクショです。

 

■■■■■

 

余談

ケータイ小説サイト 野いちご

↑実は、別名義でアカウントだけ作ってる。

いつかここで投稿してみたいとも思っている。

ケータイ小説初期世代なもんで……。

 

Deep Love―アユの物語 完全版

Deep Love―アユの物語 完全版

 

↑流行ったなぁ……。