私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理の為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

お酒とは一生仲良くなれない。


f:id:midorikirin:20170801073003j:image

※少々汚い表現が出てきます。予めご了承ください。

私はお酒に強くない。

食べることが好きだから一緒にお酒を楽しめたらもっと良いのにと思うのだが、とにかく身体が受け付けてくれない。アルコール摂取後の私の身体は次の状態になる。

  • 頭が痛くなる。
  • 吐き気がする。
  • 眠くなる。
  • 一部の皮膚が赤くなる。

酔ってテンション上がる前にこうなるから、

全く 楽しくない。その日の体調で1杯でも駄目な時があれば、3杯はいける時もある。今日は何杯いけるかなんて分からないので、保身の為にノンアルでやり過ごす。

今回は各お酒と私の相性について、書き連ねていこう。

 

■■■■■

 

チューハイ、カクテル

 

20歳過ぎてから大学ゼミの集まりで、先生は「お酒の練習をしよう」と、普段飲まない学生にカクテルやチューハイを勧めた。もちろん強制ではない。

私は巨峰チューハイを頼んだ。ちびちび飲むからか、皆のようにワハハハな気分にはならない。でもトイレに行こうと席を立った時、足元がよろけたので、アルコールは体内にちゃんと巡っていたようだ。

やがて甘いカクテルが気に入り、20代前半はカルーアミルクと焼き鳥を普通に食べ合わせしてた。流石に今は無理。

学生時代は楽しく酔う感じもないが、しんどくなることもあまりなかった。

社会人になり、乾杯をチューハイにして飲んでたら、腕の色が変わっていることに気付く。濃いオレンジのような赤みがさすのだ。両腕全体がマーブルカラーになる。見た人はアレルギーか何かと思うだろう。しかし、私の体調は変わらない。原因もよく分からない。それのおかげで私に酒飲みを強制する人は現れなかった。助かった。

 

■■■■■

 

ビール、発泡酒

 

社会人になってから飲み始めた。

社内の大人数飲み会で、乾杯を急かす空気の中、一人だけ別のドリンクは頼みづらい。私は美味しいとは思えないビールを飲み、ビール瓶とコップを持って上司達の席を順番に回り、ビールを継ぎ、継がれ、飲んだ。一通り済ますと頭がフラフラしているが、「社内の飲み会」という空気が、私から体調不良を忘れさせた。

今もたまに実家で晩ごはんを食べる時、冷蔵庫にあれば一缶頂く。甘くない酒は沢山あるが、度数が強い。ビール・発泡酒の苦味と度数が私には丁度良い。甘くない酒を飲みたいときはビール・発泡酒一択である。どちらでも良い。味の違いが分からないから。

 

■■■■■

 

ワイン、サングリア

 

社会人になって「あれ、白ワインなら大丈夫かも」と思い、飲み会でワインを選ぶことが一時期多かった。チューハイ・カクテルばっかりよりは大人っぽく見えるんじゃないかと下心があった。

しかし、甘かった。赤ワインを2杯位飲んだ時、目の前に上司がいるにも関わらず、眠気で瞼が上げられない。眠気が強くて、まともに歩けない。記憶と意思はあるので、家に帰れたが、ワインをナメていた自分を反省した。

もう一つワインでつらたんな話。私が酒で体調を崩しやすくなるのは、緊張し過ぎる場合である。社内の重要な飲み会なら緊張しても根性が体調を維持させる。しかし、非公式な小さな社内飲みで面倒な絡まれ方をされると頭痛と吐き気が一気に加速する。逆に友人との飲み等、緊張せずに楽しめる場合は大抵問題なく過ごせる。

と、思っていたが、そうでもなかった。三十路を目前にした頃、友人とベラベラ喋り、バクバク食べながらロゼワインを1本空けた。気持ち良く解散したかと思いきや、帰り道の電車で気分が悪くなり、家に着いた途端リバース(何とかトイレで)。楽しかったのに何で?! ショックが大きくて、しばらくワインが飲めなかった。

例外的にサングリアは大好き❤️ 赤白どちらも飲める。フルーツごろごろマドラーでかき出しながら食べる。グラスワインより割高なので、周りの様子を見ながら注文するか決めている。

 

■■■■■

 

焼酎、日本酒

 

先に結論。

どちらも、身体が無理。受け付けられない。

 

焼酎を友達が飲んでたので、私も試してみたら、 飲んですぐ頭痛が。あまりにも速すぎて、それ以降飲めなくなった。

知人に素敵な日本酒バーへ連れて行ってもらったこともあるが、会話が盛り上がる辺りから頭が痛くなってくる。二人の時間を楽しみたくて頑張ってみたけど、もうあのバーに行く勇気はない。だが、別の日本酒の店で甘酒に出会えた。甘酒、美味い。最高。甘酒飲みながら、肴をつまむよ。

 

■■■■■

 

ウイスキー

 

20代の好奇心で、本物のマスターがいるカウンターで、初心者向けに飲みやすいものを水割りにしてもらって飲んだことがある。だが、未熟な舌はそれ以降ウイスキーを求めなかった。でも体調不良はなかったんだよね。飲まず嫌いしてるけど、ハイボールなら私でもいけそう? 

 

■■■■■

 

終わりに:私は酔いたいんじゃない。美味い飯と酒の時間が欲しいんだ。

 

20代前半でもっと酒の経験値(安全で周りに迷惑かけない範囲でリバース・記憶なくす等)積んでおいた方が良かったかもしれない。

私は成人する前から父に「酒で失敗するな」と何度も言われてきたので、特に20代頃は「絶対に酔わないぞ。意識保つぞ」を意識し過ぎて、お酒で頭と身体がぽーっと温かくなって楽しくなる感覚をあまり味わえていない。

「酔わなきゃやってらんねぇ!」とグビグビ飲んで楽しそうにする人の感覚がどんななのか気になる。私がなれない境地だ。

 

そして書いてて気付く。

私は酔いたいんじゃない。ご飯と酒を共に楽しみたいんだ。

酒で気分を良くするのはおまけみたいなもの。目の前の料理に合う、ワインや熱燗をちびちび口に含めて、美味い飯とのマリアージュを堪能したいのだ。

が、酒を飲むと、体調不良を引き起こす可能性があるので、コーラ、ウーロン茶、炭酸水で料理を味わう。それでも充分ご飯は楽しい。

お酒に強くないおかけで、突発で飲みに誘われる機会も少なくなったし、皆様がビールジョッキ片手にワイワイされている間に、私は一人でコーラと焼き鳥を堪能しよう。

これでいいのだ。お酒とは無理して付き合うのはやめよう。

 

 

ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)

ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)

 

 ↑1巻を途中まで読んだことがある。私の理想の酒と飯の楽しみ方全てが描かれている。ワカコさんのように、酒を飲みたい! 飯を食いたい! ワカコさんと飲みたいじゃないよ。一人で満喫したいんだ。もっと読みたいが、羨ましすぎて途中で手を止める。

 

 家飲みも素敵。そもそも私は居酒屋メニューが大好きなので飲みの場に行くのです。食べたいものだけ準備して、友達とまったり家で喋りながら飲みたい。あさこさんのこの本みたいな感じでやってみたい。

 

 ↓Twitterやってます。