私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理の為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

「ピュア」って褒め言葉なの?


f:id:midorikirin:20170711091820j:image

 

大学生の頃、友人に「自分に自信が無い」と長時間ぼやいたことがあった。当時の私は「きりんは悪くないよ。君は凄くステキな女の子だよ☆」って言ってほしい構ってちゃんだった。詳しい内容は思い出せないが、友人から言われたこの一言だけははっきり覚えている。

「きりんちゃんはピュアなんだね・・・・」

落ち着いた様子で言っていた。真剣に話を聴き考えていたからか、早く終わらせたいうざいと思っていたからか、真相は分からない。

その時言われた私の感情は「純粋な女の子ってほめられちゃった♪」ではなく「馬鹿にされた。ナメられた」だった。

 

■■■■■

 

真面目はダサい・損と思ってた。

 

今も昔も、私を良い言葉で表すなら、「真面目」が選ばれるだろう。それは学生の頃から変わらない。私はこの「真面目」という表現が嫌だった。誠実なお人柄で周りからの信頼が高いが故に「真面目な人」と称される方もいらっしゃる。しかし、少なくとも私はその類いに入らない。私が「真面目」とレッテルを貼られた時、「ダサい」「つまらない」「取り柄がない」「地味」「暗い」という裏メッセージがきっと込められている。

学生時代の私はこう思っていた。

「地味な奴が教室を掃除してても周りが思うことは『あいつが私達の分までやるから、サボっても問題ないね☆』だ。逆に大人に反発するようなクラスの人気者が掃除すると『あいつ良い奴じゃん』『私も手伝おう』『カッコ良い』となる。プラスがプラスなことをしても当たり前だけど、マイナスがプラスなことをすればイメージアップする。そして、マイナスがマイナスなことをしても皆仕方ないと思うが、プラスがマイナスなことをすると幻滅される。真面目と呼ばれる自分はダサいし情けない」

美人女子大生Aにもこんなことを言われた。

「きりんちゃんは優しいんだね。きりんちゃんみたいな人がいるから、世の中平和に回っているんだね」

慰めのつもりだったんだろうが、それを聴いた私は「周りは私のことを『あいつ損なことしてる。どんくさwww』と馬鹿にしているんだ」と、被害妄想を脳内で爆発させた。

↓美人女子大生Aについての詳細はこちら。

 

社会人になり「緑さんは真面目だから」という言葉には、「彼女は誠実だと思う」という評価を頂けたと感謝している。一方で「緑は使えないけど、お互い大人でだから悪くは言えない」という困った時のその場しのぎだとも思っている。

 

■■■■■

 

バイト先で自分が普通じゃないと知った。

 

大学時代、お世話になったバイト先で社員の女性に言われた言葉。

「いや、緑ちゃん。大分変わっているよ。ワールドの持ち主だよ。だけど何か憎めないんだけど」

その時私は、自分が一般常識の場に立っていないと思い知らされた。

合コン、ラブホ、クリパは、ドラマや漫画や雑誌の世界だけではなく、ちゃんと現実世界でも実在していたんだ!!!

落ち込みはしなかったがショックだった。いかに自分中心の世界の中だけで生きていたのかを知った。そして、今まで知らなかった自分を知った。社員の女性、ありがとう。何年かしてバイト先輩Uとあの頃を振り返った。

「あのバイトは入れ替わり激しいし、クセのある女の人が集まる職場だったけど、よく続けてたよね。私も緑ちゃんも自分のワールドを持ってたからね

↓バイト先輩Uの詳細?はこちら

 結局ワールドって何なんだ?

 

■■■■■

 

※あくまで私個人の感覚です。「ピュア」って相手のことを馬鹿にしてるよね。

 

さて、タイトルと冒頭の話に戻そう。私はあれ以降もたまに「ピュア」と言われることがあった。だが、私はそれを良く受け取ってはいない。

テレビで「あの人はピュアだから」と紹介されるのは、天然キャラを売りにするお笑い芸人さんや、素朴な素人さんぽい方という印象が強い。

ピュア→純粋→素直→世間知らず→馬鹿

こんな感じの裏メッセージがあって、相手を見下していないかと思う。真面目もそうなんだよな。

真面目→つまらない→ノリが悪い→ずれてる→ダサい

て流れがあるんじゃないかと思ってしまう。

そうじゃない例を考えてみた。気の置けない仲間内でワイワイしてて、いつもは元気でやんちゃな奴が「片思いしてる人に話しかけられない」と恋愛相談する。

「お前、そういうところピュアだよな~」と他の仲間は笑いながら励ます。それはきっと普段見せない恥ずかしがり屋な一面が見られて好印象だったからだろう。

やんちゃな人のピュアや真面目な一面が見られたら「そんなあなたの意外な姿を見られて嬉しい」だが、誰が見ても素朴そうや真面目そうな人を「ピュア・真面目」て誉めても、うわべだけな感じがしてしまう。

これに限らず、本当に嬉しい褒め言葉は、言う人・言われる人間の距離も大きく関わってくるんだろうな。

 

冒頭の彼女は、どんな気持ちで私に「ピュア」と言ってくれたのだろうか。そもそも長時間ネガティブ話を聴いてくれた人なのに、感謝よりも「馬鹿にされた」と思う私の方が問題あるよね。

結論、私は単に駄目な奴。

 

※ここでは述べた内容はあくまで私個人の印象です。他の方々の意見やデータを調べる等しておりません。申し訳ありません。