私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理の為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

【妄想】キラキラ&ネガティブ投稿にどんなコメントをしようか。


f:id:midorikirin:20170626122546j:image

前回の記事で、自分で辛口コメントを妄想するということをやってみました。

 【投稿数7達成記念】自分の記事に自分で辛口コメント書いてみた - 私には価値が無い。

楽しかったので、もう一回やってみます。

 

■■■■■

 

私はSNSで、ネガティブな投稿は基本的にしません。

昔はしましたが、相手を困らせたり、スルーされたりするだけなのでやめました。

※詳細はこちらの記事より↓

 SNSで紹介文を書いてもらうのが夢だった。 - 私には価値が無い。

 

じゃあ、嘘でもポジティブ投稿してるのかというと、そうでもありません。

 

『インスタ的』『キラキラアカウント』『リア充アピール』風なものが、私は苦手です。

見るのは良いんですけどね。

リアルリア充なキラキラアカウントをインスタグラムで眺めるのはファンタジー気分で楽しいです。

 

ある日、私はテレビで『偽装キラキラ女子』という存在を知りました。

彼女は自分を良く見せるため、イイね・フォロー数を稼ぐために努力しているそうです。

どんなであれ、努力するのは偉いと思います。ただ、自分と周りに嘘をついていることになるので、ご本人様は悩まれていらっしゃる様子にも思われました。

 

それ見て私は単純に、キラキラ投稿を作る(偽装する)の面白そうだな、と思いました。

実際のSNSでは出来ないので、この場を借りて、投稿サンプルを作り、それに対してコメント書こうと思います。

 

一人でSNSごっこができるなんて、何て平和で効率的なんでしょう\(^_^)/

 

■■■■■

 

【妄想掲載における注意事項】

○政治・民族・文化・歴史的なものを推測させる文言は使用しないつもりなのです。

○上記に加えて、その他個人を特定して攻撃するような内容も避けます

○しかし、このブログは全体公開にしています。攻撃を意図していない文面であっても、読み方によっては不快な想いをさせてしまう可能性もございます。申し訳ございませんが、あらかじめご了承ください。

 

■■■■■

キラキラバージョン:ハッシュタグでアピールタイプ

 
f:id:midorikirin:20170626125244j:image

 

コメント甘口

「美味しそう! 私も行きたいヽ(´▽`)/」

「六本木てことは、もしかして予約3ヶ月待ちのあの店ですか?! 凄すぎ!」

コメント辛口

「どうでもいい」

「わざわざ六本木って書いてるのが嫌味。

自分は都会人って、アピールする奴ほど田舎臭いって気付かないのかなwww」

 

 ハッシュタグを眺めるのも結構好きです。

サンプルのやつ、もっと沢山タグをつければ良かったな。

 

■■■■■

 

ネガティブバージョン:ハッシュタグでアピールタイプ

 


f:id:midorikirin:20170626185434j:image

 

コメント甘口

「どうしたの? 俺で良ければ話聴くよ?」

「現状を変えようと努力しているあなたは素晴らしいと思います。だけど、上手くいかない時もあるのは当然です。こんなにも頑張っているんですから、今だけは少し自分を許してあげてはいかがでしょうか? どうか無理しないでください」

 

コメント辛口

「ウケる(笑)」

「慰めてほしいって、他者にとって全くメリットがないアンフェアなタスクを、何故要求するのか理解に苦しみます。先ずはその自己中心的な思考回路をどうにかした方が良いと思いますが」

 

昔、こんな感じのネガティブ 投稿をしたことがあります(笑) 

コメントあるだけまだまし(?)。大抵スルーされます。特に現実世界の知り合いの場合。

(否、私だからスルーされるのか)

 

■■■■■

 

キラキラバージョン:シンプルタイプ

 


f:id:midorikirin:20170626191904j:image

 

コメント甘口

「海、めっちゃキレイ♪♪♪」

「わわっキレイ(*^▽^)/★*☆ どこ行ってきたんですか? セブ島ですか? 流石過ぎます。凄く羨ましいです」

 

コメント辛口

リア充アピール、ウザイ(笑) おみやげ買ってこいよ」

「どうせ男に全部金出させてんだろ。自分で一銭も稼いでねークセに、毎日サビ残してるようなサラリーマンを嘲笑ってんだろ。言っとくけど、あと数年したらBBAのお前に需要とかなくなってるからな」

 

情報量が少な過ぎるキラキラ投稿は、コメント側に想像力を求められます。

投稿者を喜ばせたい場合は、画像に対して魅力的で具体的な解説を添えて「羨ましい」と書けば良いと、私は考えました。

 

■■■■■

 

ネガティブバージョン:シンプルタイプ

 


f:id:midorikirin:20170626193522j:image

 

コメント甘口

「お疲れ様(^∇^)私も今日は終電コースだよー。お互いもうひと頑張りだね」

「えーー!! 大変だね! 無理しないでちゃんとご飯食べてね。美味しい焼き鳥のお店見つけたから、今度一緒に行こ♪」

 

コメント辛口

ブラック企業お勤め、ざまあwwwwww」

「定時で業務をこなせないどころか、深夜までかかるとは、余程スケジューリングが出来ない人なんですね。同情欲しさに、自分の無能さを晒すとは、愚か過ぎます。経営者の立場だと残業代を払うどころか、その無駄に消費された電気代・通信費を請求したくなりますね」

 

■■■■■

 

大発見!!!

と、アピールしたいわけではないですが、自分の中で改めて気付いたこと。

 

甘口コメントは投稿者を見上げ、辛口コメントは見下している。でないと、書けない。

 

対等な立場で書こうと思ったら、コメント側と投稿者の間に、ある程度の関係が築けていることが前提になるんですね。

実際に会ったこと・関わったことがない相手には、見上げるか見下すしかない。

 

対等な立場なら、甘口も辛口も両方書けます。

そして、対等な立場からのコメントは実は投稿者にとって重要かもしれない。

 

ただ、お互いの関係性って、必ずしも一致してると限らないから、対等と思ってたら違ってたりするし。

あと、甘口辛口と分けたけど、これも発信受信側で真逆になってたりもする。

 

やはり、SNS上のやり取りは難しいです。

 

 ↓「偽装キラキラ女子」という言葉は、NHK番組『ねほりんぱほりん』で知りました。

大好きな番組です。

シーズン2を待ってます。

 

ねほりんぱほりん ニンゲンだもの

ねほりんぱほりん ニンゲンだもの