私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理の為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

髪の毛が反抗期だった思春期


f:id:midorikirin:20170622125651j:image

私は

不器用で、雑で、気のきかない人間だ。

集中力に欠け、物事の優先順位や、本質を理解して取り組むことが出来ない。

 

そして、ほめられたがり。

ほめられて、調子に乗り、他者を見下す。

 

最低な奴だ。

 

ほめられたがりなので、

苦手とするものからは極力逃げようとする。

 

私がヘア&メイクが

壊滅的なのはその為でもある。

 

今回は昔から、憎き存在であるヘアセットについて書きます。

 

■■■■■

 

未就学~小学校低学年辺りの頃。

周りの女の子は、サラサラな長い髪に分け目を作り、編み込みや三つ編みをしてもらっていた。

私も、たまにはやってもらってたと思う。

記憶があまりない。

 

小学校低学年~中学年にかけて。

 

私は三つ編みの仕方を知った。

やってみた。

 

そして母に言われた。

「下手くそね。

もっと、こうきちんとするものよ。

こういうのは慣れよ。

(女の子は何度も練習して、上手になるものなのよ)

 ※( )内は幻聴です。

いや、言われたことあるかも。

 

ついでに母は編み込みをパパっと教える。

しかし、私は30過ぎた今でも、

編み込みが出来ない。

 

小学校時代、

周りの女の子は、自分でやっているのか、やってもらっているのか、可愛い髪型で登校していた。

 

私は適当に二つに結ぶだけだった。

 

高学年辺りでは、

地獄堂霊界通信の椎名君に憧れ、

彼を真似た格好・髪型をしていた。

男の子と間違えられて、嬉しかったことを覚えている。

 

そんな感じで、編み込みとは縁の無い日々を送った。

一番の理由は、

下手くそで雑なヘアアレンジを指摘されたくなかったから。

ほめられないことはやらない。

甘えた人生だ。

 

■■■■■

 

中学~高校生時代。

 

ヘアピン

お団子ヘア

逆毛

 

私にはどれも脅威だった。

何をどうすれば、そうなるのか。

 

ヘアピンよ。

何故、ずれずに前髪ささったままなんだ?

 

お団子は何故、髪の毛がほどけてこない?

 

逆毛? 何それ?

 

中学の頃、

クラスメイトの女子のおかっぱボブが可愛くて羨ましかった。

 

分け目くっきり。その筋は白い。

黒髪は真っ直ぐストン。

どこもハネていない。

目の上パッツン前髪。

毛先が顔の輪郭に沿っている。

 

そもそも私の髪は、

細い

量が少ない

ぺたんこ。

 

ヘアピン固定、逆毛ボリュームアップが難しい。

 

微妙にくせ毛で、

正面から見て両側の髪毛先が(  )ではなく、

( ( になる。

毛先が肩や眼鏡の縁に当たると、

( が、し まで跳ね上がる。

 

前髪を斜めに流すことに憧れて、

地元の美容室(母御用達)に、相談したが、

「お嬢さんの髪では難しいですね」

と、言われ諦めた。

 

余談だが、社会人になり、別の美容師さんに、ローラーを使えば作れると教わり、私は念願の流し前髪を手に入れた。

 

■■■■■

 

このように、私は幼い頃から自分の髪の毛と仲良くできず、

周りの女の子と同じような髪型の実現は難しかった。

 

大学に入り、

微妙なくせ毛に、パーマを当てた私は、

緩ウェーブを自称した。

 

私は今もこの微妙くせ毛を、緩いウェーブと言い聞かせてそのまんまにしている。

 

最近は、カラーリングをどんどん暗くし、

前髪を伸ばしている。

 

何故なら、黒髪前髪長めなら、

美容室に行く回数を減らせそうだから。

 

今の私はヘアメイクよりも、

節約が気になっている。

 

新装版やコミック版は、とても可愛いイラストのようですね。

私は読んでた頃は、ハニ太郎を描いてた方が、挿し絵描かれていました。

 

ハニ太郎です。 (学校の怪談文庫)

ハニ太郎です。 (学校の怪談文庫)