私には価値が無い。

30過ぎの平凡地味女が自身の気持ちを整理する為、ネガティブなことを書く。

ネガティブなことを吐くのは難しい。

f:id:midorikirin:20170621160336j:plain

 

はじめまして。

 

緑(みどり)きりんと申します。

 

緑が苗字 きりんが名前 です。

 

■■■■■

 

私はネガティブ思考の人間です。

それが表に出ている人間です。

 

その為、周囲からは

「暗い人」「笑顔の無い人」「地味な人」

と認識されています。

 

この時点で駄目駄目なのに、

「どうせ私なんか・・・」

なんてことを発言したら、

「痛い」「うざい」「いい大人が何を言っている」

と、周囲からの印象は更にダウンしてしまうので、発言しないようにしています。

 

発言しないようにすると、どうなるか。

 

表情やオーラににじみ出てくる。

心と脳内をネガティブモードが支配し、生活に支障が出る。

 

と、悪循環を及ぼします。

 

時が解決することもありますが、キレイさっぱり無くなった訳ではなく、

下に沈殿されて、それは回数を重ねるごとに層が厚くなっていくのです。

 

 

私の個人的範囲での見解ですが、

悩みがある・苦しい・どうしたら良いか分からない、

こういった時は、誰かに相談する・話すのが良いと、アドバイスしている記事等を見かけます。

 

ただ、私がこれが恐ろしくてできない。

家族にも、友人にも、話せません。

 

何故かと言うと、

私の下らない暗い話を聴かせたら、その相手が不快になるからです。

そして、何より自分が傷つくからです。

 

「自分に甘え過ぎ」

「いや、自分が悪いんでしょ?」

「その程度で悩んでるとか、有り得ない」

 

という感想が返ってきそうで怖いのです。

 

もちろん、家族友人が、冷たい人間という訳ではありません。

皆とても良い人です。

だけど、もしそんな言葉返ってきたらどうしようと、怖くて仕方がないのです。

 

 

かと言って

「この人は辛いんだ。大変なんだな」

「可哀想に」

と思ってくださること。

とてもありがたいのですが、その結果、

「どうすることも出来ない、申し訳ない」

「助けてあげるにはどうしたら良いのか?」

と、無駄な悩みや苦しみを相手に与えるのが辛いです。

 

そんな方は大変希少で、大抵「この人、可哀想」と思ってくださった方々は、

「メンヘラっているから、距離置こう」

「緑はウザくて、ヤバい奴」

「まぁ、私には関係ないし。頑張ってね」

と、考えるのが、当然でしょう。

 

それが正しいです。

誰が30過ぎた人間に、無償で優しい手を差し出す?

もっと差し出すべき相手は、どの人にもいるのです。

間違いなく、それは私ではないのです。

 

 ■■■■■

 

以上の理由から、

私はネガティブな発言を外でしないようにしております。

 

しかし、先述したように、発しないと悪循環に陥ります。

 

そこで、私は文字にすることにしました。

書きだすのではなく、発する。

その為に、ブログという形を取りました。

 

お酒を飲みながら、涙を流しながら、大声で暴言を吐きながら、

愚痴や悩みや不満をさらけ出せる人が凄い。

 

一緒に酒を飲みながら、うんうん頷いてくれる人がいることが羨ましい。

 

翌日、何事も無かったかのように、仕事ができることが凄い。

 

その人と、また気軽に飲みに行けることが素晴らしい。

 

そんな関係性を、他者と築けていない私自身が悪い。

そう、自分が悪いのです。

だから、人に言えないのです。

 

ネガティブなことを吐くのは、難しいです。

開き直るか、気分の波の浮き沈みが落ち着くまで、

じっと口を閉ざそうと思います。