私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

人の人生を笑うな~長いつぶやき~

こんなコラムシリーズを見つけました。

高須院長が、話題の俳優女優さん達の顔面ランキングをするシリーズです。

 

ネットサーフィンをしていると、若い頃から活躍して年齢を重ねた芸能人を「劣化」と称し、画像を並べるまとめ記事を見かけます。

私は野次馬的についつい覗いてしまいます。

覗きながら、世知辛いというか、充分にお綺麗な女優さんに対して、ブスだのババアだの、ボコスカとコメントが出ているのを見ると、落ち込んでしまいます。 

  • じゃあ記事を見るなよ。
  • 人に見られる仕事してるんだからそのくらいの覚悟はあるだろ。 

というお言葉を妄想で受けとりながら(実際に言われた訳じゃないよ)、もやもやを感じていたのです。

 

そんな時に見つけたのが、このコラム。

ランキング付け、劣化(加齢)診断等々、芸能ニュースサイトらしいことをされています。

しかし私はこのシリーズ、嫌いじゃないんです。

何故なら、高須院長は美容外科医として、役者の写真を見て意見を出しているだけだから。

インタビュー形式で、インタビュアー側はゴシップ風に面白くしたいんでしょうが、高須院長の言っていることは一貫していて、誰も貶めていない。

ランキング付けも、容姿が商品の芸能人に対しての美容面からのアドバイスに近いように思えます。

(ランク付けされた当人はそうじゃないかもだけど)

 

また私は読んでいて、改めて「人の生き様は顔に出る」んだなと感じました。

特にそう思わせてくれた記事はこちら↓

 

アラフィフ人気女優さん二人の「劣化対決」。

俗な感じのタイトルに釣られたら、あら意外と勉強になりました。

高須院長は大前提に「お二人共、大変素晴らしく美しい」としています。

その上で、より若く見えるのはどちらかってことで、鈴木京香さんに軍配が上がりました。

その理由が ほうれい線が目立つかどうか。

ほうれい線が目立つ原因は、加齢で頬の肉が痩せたことと、生まれもった骨格から。

鈴木保奈美さんは若い頃からやせ形で頬が痩せてしまった為に目立ちやすい。一方、鈴木京香さんは若い頃どちらかと言えばふっくらしたお顔立ちだったので、加齢による頬痩けを防いだとのこと。

もう1つの理由は、鈴木京香さんがずっと第一線で女優業をされているに対して、鈴木保奈美さんは一時期家庭を優先し、仕事から遠ざかっていた。この差もあるとのこと。とは言え、ブランクを感じさせない鈴木保奈美さんの美しさに、高須院長は「表舞台に戻るまでに相当、回復プログラムを施したのかもしれない!」とコメントされてました。

なので、別にお二人を比べたところで、どちらが悪いとか、駄目とかじゃないんですね。加齢は当然ですし、骨格や肉付きなんかはどうしようもない(美容外科的ケアはあるようですが)。

女優という肩書きは同じだけど、歩んできた道が違う。全員アンチエイジング完璧にしなくて良いよね。頬の痩せた役やふくよかなキャラクターも作品作りとしては必要じゃない?

とまぁ、二人の人気女優さんのことをしみじみ考えていたのですが、少し引っ掛かるのが、インタビュアーのこのコメント。

稼ぐ夫がいて可愛い子どももいる保奈美さんのほうが、女としては勝ち組に思えますが、美的・若さ的な対決ではそう(京香さんが勝ち)なんですね。

いや、勝ちとか関係なくね?

それぞれ違う生き方してるだけで、何故、鈴木京香さんが女として負けてる訳?

保奈美さんが勝ち組として称えられるのもちょっと……。

保奈美さんだって、仕事から遠ざかることも、復帰することも、結婚も子育ても沢山悩んで苦しんだこともあるでしょうし、京香さんがだらしなくて情けないということないでしょうし。

 

色んな生き方があるんだから、これが正しいと当て込めて、はまらない人を馬鹿にしたり見下したりすることはやめようと思う今日この頃でした。

 

 

人のセックスを笑うな [DVD]

人のセックスを笑うな [DVD]

 

 ↑タイトルはこの映画からお借りしました。

昔、松山ケンイチさんが好きだったから観たんですが、ごめんなさい。作品の空気が私に合わず、後半かなり流し観でした(;_;)

 

美容外科の世界。

今のところご縁無いかもしれないけど、より良い人生を生きる為の選択肢として視野の片隅に入れていても良いと思いました。

高須院長は「老化防止の3大対策『UVケア・保湿・睡眠』を大事にすること」と仰せでした。

昔、テレビで西川史子先生が「美肌には、日焼け止め塗って、美味しいものを食べることが大事」と仰ってた気がする。

なので、とりあえず私は日焼け止め塗って、食べたいものを食べようと思います。(←違う?)

 

夢も成長する。※個人的意見

こんな夢を見たと語るのは楽しい。なので、ブログで書きます。

心理学とか脳科学とか勉強してないし、本も読んでないから、超自己満足個人的解釈です。

今回の見出し

  • 子どもの頃:母を探し続ける夢
  • 大人になってからの夢:ドラマチック、同じ場所、出掛ける準備をしている
  • 子どもの頃と今で違うこと。
  • 結論:夢は成長する。

 

■■■■■

 

子どもの頃:母を探し続ける夢

 

子どもの頃に見た夢は怖いものが多かった。

【思い出せる内容】

  • 家の近くの道路を新幹線が走り、私を追いかけるので必死で逃げる。
  • 坂道の向こうに家族(母親)がいるのに、坂が滑って登れない。

 はっきり覚えているのはこれぐらい。どの夢も傾向はこんな感じ。

母を探し続ける夢。

 私には下兄弟がいたから、お母さんべったり子にはならなかった。小学校入ろうとする兄弟が母の膝に乗っかっている様子を傍目で見ていた。

潜在的に母を求めていたのかしら。

 

■■■■■

 

大人になってからの夢:ドラマチック、同じ場所、出掛ける準備をしている

 

子どもの頃に比べて、今の方が夢を見るのが楽しい。大人になってから見ることが多い夢の傾向を説明する。

 

  1. 映画やドラマの様な激しい展開:自分がその出演者になっていて、ジャンルはホラーかミステリーで舞台は現代が多い。目覚めた瞬間「これ面白い小説になるんじゃないか」と思うが、内容を一瞬で忘れて思い出せない。
  2. 「ここ、(夢で)前にも来たことがある」同じようなロケーション

    閉園間近・閑散期とかで人が少ない遊園地。

    学校近くの川縁。

    校舎。渡り廊下。

    駅直結の大型ショッピングセンター

    電車の駅のホーム

    これらは自分が知っている場所がモデルになっていると何となく分かる。記憶に残りやすい夢なのでノスタルジックな余韻を味わいやすい。

  3. 着替えたり、荷物をまとめている:私は夢で度々何処かに行く準備をしているが、上手く出来なくてイライラしている。思っている場所に欲しいものはないし、時間の流れめちゃくちゃだから、準備出来ないまま次の展開に進んだり、置いていかれたり。酷いのは服を着替えなきゃいけないのに間に合わず、裸でその場をしのがなくてはならない時。もうやめて。

 

■■■■■

 

子どもの頃と今で違うこと。

 

大人の夢の方が色々書ける。理由は子どもの頃の夢で出来なかったことが、大人になってから出来るようになったからだ。

その最たるものが、夢でご飯を食べられる!!!

子どもの頃は自分が手にしていたお菓子を口に入れようとしても、それは映像か幻の様で味はもちろん食感もなかった。

しかし、大人になってからは、充実したメニューを目の前にし、それを食べる自分がいる。味も感じられる場面が多い。

 

あと2つ、私が夢の中で出来ることは、「空を飛べる」と「夢の中で目を覚ませと願ったらその夢が消える」こと。

夢で私は低飛行出来る。ジブリ魔女の宅急便』でキキがコリコの街を初めて来たとき優雅に箒で街中を飛ぶけど、バスとぶつかりそうになる。あれくらいの高さ。屋内だと子どもが持つ風船位の位置を、床と身体が平行になるような状態でスイスイ泳ぐように進む。だから、落ちそうになる夢を見ても「大丈夫か」と思える。

もう1つのスキル「強制終了」。怖い夢を見た時「この場面はもう嫌! 早く切り替わって!」と願うと場面が変わる。おかげで私は殺人犯やお化けに襲われる経験は夢の中であまりない。

空を飛ぶことと強制終了は、子どもの頃の努力の賜物だ。子どもの頃は助けを求めながら逃げる夢が多かった。飛行能力はその中で移動手段として身に付けたし、本当に怖くて耐えられなかったから必死で願い、テレビの砂嵐のような画像の後に目覚めていた。夜中に目覚める為、起きても真っ暗。母の傍には下兄弟がくっついているので、寂しくても近付けない印象が微かに私の中に残っている。

辛かっただろうが、幼き頃の苦労を得て、私は夢の中を都合良く進めている。よく頑張ったよ。

 

■■■■■

 

結論:夢は成長する。

 

ここまで、子どもと今の自分の夢について語ったが、私が考えた結論は「夢も成長する」と言うことだ。

夢は脳が作り出す。脳が取り入れた記録を再生する為のものと何かで読んだことがある。

大人になった方が具体的になるのも、経験値の差なんだと思う。子どもの頃は視野が狭くて、自分の力ではどうすることも出来ないことか多かったし、母を本心は求めていた。そういった不安が多い、僅かな情報だけで築かれる夢は怖くなりやすかったのかも。

大人になってからは、現実で色んなことを体験するし、映画等も話を理解しながら観られる。食べたいものを好きなだけ食べられる。経験が豊かになっていく。そりゃあ夢もアップデートしていくわ。

 

夢が自分の経験次第でアップデートしていくなら、これからももっと沢山良いものに触れて体験していきたい。リア充になるという訳じゃないけど、五感を意識して日々を過ごしたい。とにかく脳みそをちゃんと動かしていきたい。

そうしたら、今よく見る「準備する」だけで終わる夢も、やがては「出発」できるかも。更にその先も行けるかもしれない。

夢を楽しめるって、幸せなことだなと思う今日この頃でした。

 

 

魔女の宅急便 [DVD]

魔女の宅急便 [DVD]

 

 ↑コリコの街を夢の中で歩いてみたい。

 

 ↑夢の中で冒険と言えば、私にとってこれ。のび太達が見る夢は大分ダークファンタジーな世界観だから私は別な夢を見たい。

 

↑夢じゃないけど。コナン映画で好きなやつ。

いくつかある世界観から選んでゲームをするんだけど、どれもハード過ぎて(コロシアム、殺人犯を追う、ジャングル大冒険等)、どれも嫌だと思った。子ども向けならもっとゆるふわな世界観を作ってよ!