私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

リア充すると口内炎が出来る私~体調不良は自分のせいか?~

【今回、自分に言い聞かせたいこと】

体調不良は誰にでもある。自分を責めないで。お互いにフォローし合おう

 

【今回の見出し】

  • リア充すると口内炎が出来やすい私。
  • 対人時にストレスを強く感じやすい私。
  • 体調不良になると自分を責めてしまう私。
  • 体調管理出来ないのは自分だけと思い込む私。

 

■■■■■

 

リア充すると口内炎が出来やすい私。

 

私は、リア充なことをすると口内炎が出来やすい。

子どもの頃、家族旅行前に口内炎が出来、痛みに耐えながらご飯を食べた。

先日は地元の友達と外食や買い物を楽しんだが、口内炎がその直後出来て、明るい余韻に浸りたいけど痛い。

簡単にググった程度の知識で書くが、昔の口内炎は、口の中をうっかり噛んで、それが炎症して出来たものが大半だった。

大人になってからは口内を噛んでないのに出来る。原因は恐らくストレスと体調不良だろう。生理前後に口内炎なりやすいと聞くし。

 

■■■■■

 

対人時にストレスを強く感じやすい私

 

 

エムグラムという性格診断があり、無料診断だけ受けてみたことがある。

その結果の一部がこれだ。


f:id:midorikirin:20181104220155j:image


f:id:midorikirin:20181104220204j:image

※画像一部加工してます。

 

社交性が超特異的に低い

でも私、人に会ってるよ?話してるよ?

無料版なので、結果詳細までは分からないので、自分なりに考えてみた。

恐らく私は、対人時に受けるダメージが他人に比べて圧倒的に大きいのだろう。

誰しも大なり小なりストレスを感じることがある。超社交的な人なら逆にエネルギーを得ているのかもしれないが。

それはまるでドラクエで、魔法使いは体力低いとか、パラディンは防御力高いとか、そんな感じに似ているのかもしれない。

 

とにかく私は、対人時にストレスを強く感じやすい故に、人と接するリア充イベント時に口内炎が出来やすいのではないかと推測する。

 

ストレスを感じる場合、体調不良にも繋がりやすい。私の主な症状は「頭痛・肩こり・だるさ」だ。

最近、自分の仕事終わりに、夫の親戚に会う機会があった。

当日は仕事中から既に調子が悪かった。肩がひどく重くて吐き気がした。

寝込む程でないので、事前に夫に正直に話した上で、親戚に会った。皆良い方々だった。初めて会う嫁に優しく接してくれた。

なのに、私はしんどさがピークで、笑顔は引きつり、皆の会話に相づちを打つことしか出来なかった。

夫や皆さんに申し訳なかった。

親戚付き合いが嫌いな嫁と思われていないか不安になった。

 

■■■■■

 

体調不良になると自分を責めてしまう私。

 

イベント時に体調が悪くなると、私は「あれが駄目だった。これが良くなかった」と過去を振り返り、自分の駄目さを責めてしまう。

(※夫や周囲から言われることはない)

これも本の受け売りだが、体調不良だと気持ちも落ち込みやすく、ネガティブ思考に陥りやすい。周りは思ってないのに、勝手に「体調管理が出来ない自分は大人として情けない。常識がない奴と思われてる。皆に嫌われた」と思い込んでしまう。

これを読んで私は「今は体調悪いからネガティブになっているんだ」と思うようになった。すると僅かだが、心にゆとりが出来る気がするのだ。

もちろん体調管理は大事だから、予防等対策を考えるのも重要だ。でもそれは、少し休んで、冷静になれてからすれば良い。

体調や症状の程度にもよるけど、「仕方ない」と思えることも大事だ。そして無理せず病院に行く判断も必要だ。

 

■■■■■

 

体調管理出来ないのは自分だけと思い込む私。

 

もう1つ、自分の頭に入れておこうと思うのは、体調不良は誰にでもあるということ。

どういう訳か、私は自分の体調が悪くなると「周りはちゃんと体調管理して、しんどくないようにしてるのに、自分は出来ない」と思い込んでしまう。

でもよく考えたら、夫は熱を出して寝込んだ日があるし、職場の同僚は「今日やっぱり駄目みたいです」と早退したり、「病院行ってから出勤します」と連絡したりしてる。

体調不良は私一人だけのものじゃない。

 

だから大事なのは、体調不良になった時に、必要以上に自分を、そして他人も責めすぎないこと。

 

休んで良いんですよ。無理しなくて良いんですよ。たまには失敗しても仕方ないですよ。

 

この雰囲気が、一番体調管理になるんじゃないかなって思う。

 

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

 

 

↑読書中。何となく知るだけでも意味はあると思う。

 

↑過去記事で、頭と心と身体はバラバラであると書いたが、ネガティブなことは割りと1つ落ちると他もゴロゴロ一緒に落ちていっちゃう面があるように思う。

逆に、3つ揃って上向き! てかなりパワーアップモードぽそうなので、これが出来るのが、トップアスリートとか一流の凄さなのかもしれないなぁ。

だから、3つとも絶好調! な時は滅多にない、と思えるだけで、ちょっと楽。

 

【お知らせ】

Twitterで、ブログ記事情報を更新してます。

リツイートのジャンルは偏ってたり、バラバラだったりします。

暗黒の20代。私の傍にはノートパソコンがいた。

Windows7、サポートやめるってよ。

Windows7のサポート終了まで待ったなし!スムーズに移行するための社内説得術 - デジタルで切り開くビジネスの未来 | 日経 xTECH SPECIAL

 

私の私物ノートパソコンはWindows7だ。

最近、スイッチ部分が馬鹿になってきて、すぐ起動しなくなっている。

重量あるので、持ち歩きにくい。最近おしゃれカフェでノートパソコンを叩きたい欲が増し増している。

 

なので、近い内にパソコンを買い替えようと考えている。

今、使っているパソコンに未練はない。

むしろ、私の暗黒の20代を寄り添ってきた、良い思い出だけではなく、嫌な思い出もこのパソコンには染み付いている。

手放す時が来たのだ。

 

手放す前に、ここで思い出を綴る。

 

■■■■■

 

出会いは、就職して間もない頃。

大学生の頃から使っているノートパソコンが壊れたので、今回は自分のお金で買うことに。

  • オンオフ両方で使いたい。
  • 持ち歩きたいからノートパソコン。
  • DVDを見たい。

この条件から、店員さんはレッツノートを薦めた。

当時、ブランド名全然知らなかったし、結構良い値段だったけど、えいやー!! と購入した。

 

■■■■■

 

大学生の頃、友人達が「ようつべ見た」とか「ニコニコで面白いのあるよ」とか話しているのを聞いていた。

社会人になって、ようやくようつべさんデビューする。

違法ダウンロード系動画だけではなく、公式の予告編やPVもある。

遅くに帰ってきた一人暮らしの部屋に、盛りだくさんのコンテンツを私に与えてくれた。

 

■■■■■

 

転職して、引っ越してまた一人暮らし。

20代後半に向かおうとしている頃。周りは恋人、結婚、子どもの話で賑わってくる。

なのに私は仕事が出来ない駄目社員で、憂鬱な気持ちで休みの日を家でぐうたら過ごしていた。友達との約束もない。もちろん恋人もいない。

そして、当時の家にはテレビもなかった。

私はひたすらツムツムしたが、飽きてきたら、ノートパソコンで動画を見た。DVDをレンタルして見た。

やがて気付く。

ノートパソコンで再生した動画は、寝ながら試聴はしんどい。見にくい。

テレビを後に購入した。

 

■■■■■

 

仕事もプライベートも全然駄目で、ストレスもヤバかった時に、私は就職したての頃の、研修で聞いたある言葉を思い出した。

「ストレス解消法は、受動的よりも能動的な方が良い。

スポーツ等で身体を動かしたり、楽器を演奏したり、絵や書道等の作品を作ったり」

私は思った。

ノートパソコンで、小説を書こう!

 

始めた小説家になろう

http://syosetu.com/

全然、ヒットしなかったけど、それでも相互感想とかしたり、顔の見えない素人作家さんの作品を読んだり。

子どもの頃、あり得なかったことが出来た。

とても貴重な体験が出来た。

当時Twitterアカウントも作っていたが、今はない。

↓子どもの頃はむしろ恥ずかしいというくらいに思ってたしなぁ。

 

■■■■■

 

20代最後の夏に、ネット婚活をした。

帰省中に、家族に隠れて、カタカタとプロフィール入力をした。

結果ありがたいことに、結婚した。

ありがとう、ノートパソコン。

 

↓婚活についてもう少し触れた過去記事

 

■■■■■

 

そんな感じ、私の20代を共に生きたノートパソコン。

安らかに眠れるような、適切な方法で処分したい。

 

■■■■■


f:id:midorikirin:20181024110640j:image

↑今使っているレッツノートの最新モデル。

一番欲しいやつだけど、予算が合わないので眺めるだけにしてる。

※画像は公式サイトのスクショです。

 

■■■■■

 

余談

ケータイ小説サイト 野いちご

↑実は、別名義でアカウントだけ作ってる。

いつかここで投稿してみたいとも思っている。

ケータイ小説初期世代なもんで……。

 

Deep Love―アユの物語 完全版

Deep Love―アユの物語 完全版

 

↑流行ったなぁ……。