私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

何故、女子児童は「肌色貸して」と言われて、茶色のクレヨンを渡したのか妄想する。星野ルネさんのツイートより

最近、星野ルネさんという方のツイートが面白くて、頻繁にチェックしてます。

お母様がカメルーンの方で、星野ルネさんは日本とカメルーン両方の教育を受けられたとのこと。最近はテレビにも出演されているそうです。

そんな星野ルネさんが、ある時から自身の子ども時代を1ページ漫画にまとめた『まんがアフリカ少年が日本で育った結果』という作品をTwitter上で公開されていて、それがとても面白い。

その中の1つで、ネット上で少々盛り上がったらしいエピソードがこちら↓

 

このエピソードは、星野ルネ少年が「肌色」という色名を、肌の色という意味だと認識しておらず、薄いオレンジ・ベージュぽい色=「はだ色」と呼ぶと思っていたのを、仲良しのクラスメイトの対応で、「肌色」と気付いたということなんですよね。

こういう勘違いって、子どもの頃はよくあると思います。

「子どもの頃の勘違い」で検索すると、「帰国子女は全員女だと思っていた」「県外は外国、アメリカは宇宙だと思っていた」とか、色々出てきます。

私も父親が何でも知っている(ように見えた)ので、それは毎日会社に行って、そこで教えてもらっているからなのだと思っていました。

 

しかし、このエピソードはそういった子どもの勘違いではなく、肌の色、人種差別といったニュアンスで拡がってしまったようです。

後日まとめサイトでも取り上げられる等、様々な意見が出ているようです。

日本育ちの黒人少年「図工の時間に“肌色のクレヨン貸して”と女子に言ったら茶色出されて驚愕」 :哲学ニュースnwk

「『肌色』と言われて、茶色のクレヨンを渡す女の子の機転の良さが素晴らしい」

「今は『肌色』は色々な配慮からペールオレンジ等に変わってますよね」

「アフリカ系の少年に茶色のクレヨンを渡す行為が差別的と捉えられる可能性がある」

「未だに『肌の色はこれでしょ』と決めつける人もいるのに、この少女の対応は凄い」

※上記意見はイメージです。

 

そこで私は、何故この女子児童が、ルネ少年から「肌色を貸して」を言われて、茶色のクレヨンを渡したのかを妄想したいと思います。

 

■■■■■

 

さっくり妄想するために、意図的に星野ルネさんについて詳細は調べずに、最近ツイートを見てるレベルの知識で次のように推測します。

  • 現在、星野ルネさんは年齢30代以上(別話でポケモン赤緑世代とコメント有り)。
  • エピソードの時代は小学低学年(クレヨンで絵を描いているから)。
  • 時期は新学期の4月辺りではなく、何ヵ月か経ってる(隣の女子に気軽にクレヨンを借りると言うことは、お互いある程度慣れているから)。

 

これを踏まえて改めてエピソードを見てみます。

私はこの女子児童がルネ少年に茶色のクレヨンを渡した理由は、「過去に彼が別の絵を描く時、自分や家族(母親)の色塗りに茶色を使用していたのを見たから」ではないかと思いました。

もちろんそんな事実も、ルネ少年がこのエピソード内で何の絵を描いていたのか不明です。

ただ、そう妄想すると、私の中で納得できるのです。

例えば夏休みの思い出の絵を図工の時間で描いていたとします。そこで、ルネ少年が「肌色を貸して」と言いました。女子児童は1学期の図工で彼が茶色を使って自分の家族の絵を描いていたのを知っていて、それを渡したのかもしれません。

一方、ルネ少年は他の生徒が自分自身や家族を描く時に「はだ色(肌の色という認識無し)」を使用しているので、自分の父親(日本の方)を描く時に「はだ色」を使おうと思ったら、なくなってしまっていたから借りようと思ったのかもしれません。

 

■■■■■

 

ネット上での反応として、この女子児童がどういう認識で茶色のクレヨンを渡したのか、機転の良さ、ユーモアセンスが素晴らしいとか、意見が出てますが、私は彼女がそこまで深く考えていなかったのではと思いました。

小学低学年の年齢で、かつ当時まだ普通に「肌色」表記されていた時代なので(私も子どもの頃、肌色鉛筆やクレヨンを使用してました)、彼女の中に「人種」「肌の色」「差別」という感覚は強くなかったのではと考えます。

単純に、ルネ君の肌は茶色だから茶色(だと思って)を渡したのかもしれません。

 

逆に、周囲の大人達、先生や親がきっちりと人種的配慮について注意喚起をしていて、彼女がそれをちゃんと受け止め過ぎていたら。

多分あっさり渡せない気がするのです(漫画の様子から、すぐに貸しているという印象です)。ルネ少年から「肌色貸して」と言われた時、多少の迷いや戸惑いが生じるんじゃないかなと思います。仲良しなので、そこまで気にしてないというのもあるかもしれませんが。

もし私だったら、何色を渡したかなと、正直ちょっと考えてしまいます。

 

■■■■■

 

このエピソードはあくまでも、子どもの頃の勘違いについてのお話です。

ただ、この勘違いは他でもない、星野ルネ少年じゃないと、なかなか浮かばない発想だからこそ、興味深いエピソードになったのだと思います。

 

これからも星野ルネさんのツイートを楽しみにしてます。

 

【ネタバレ・長文】アラサー女子が主人公☆小説『トリアングル』を妖怪男ウォッチ目線で感想書いてみた。

歌人俵万智先生が綴る恋愛小説『トリアングル』

主人公(女)と、妻子持ちの男と、年下バンドマン君との、三角関係の物語。

俵万智先生の歌集が好きな私にとって、大変楽しめる作品でした。

が、どうしても登場人物が妖怪男(女)に見えてしまう……。

 

今回はそういう視点で、ネタバレしまくりで感想を書きます。

ちょっと攻撃的な文面になることをどうかお許しください。

 

↓やさしめにさっくりと書いたネタバレ無し感想はこちらです。

 

 

■■■■■

 

 『トリアングル』は、小説版・コミック版の両方を読みました。

コミック版は、本家の小説にほぼ忠実だけど、一部エピソードを削ってたり、逆に追加したりしてました。絵で表現するためか、主人公以外の視点が入り、一層キャラクターの魅力が伝わってくる感じがします。特に圭ちゃんが可愛いです。

 

トリアングル(1) (漫画アクション)

トリアングル(1) (漫画アクション)

 

 ■■■■■

 

主な登場人物

 

主人公

安藤薫里

33歳。フリーライター


f:id:midorikirin:20180411221700j:image

 

M

40代。妻子持ち。

フリーカメラマン


f:id:midorikirin:20180411221745j:image

 

圭ちゃん

26歳

フリーター、バンドマン


f:id:midorikirin:20180411221821j:image

 

美佳

薫里の大学時代からの友人。


f:id:midorikirin:20180411221910j:image

 

Mの妻(以下M妻)

学生時代に出会い、結婚。教師。

Mの娘(以下M娘)

※Mには娘が二人いて、エピソードもあるが、どっちがどっちと私が把握してないのでひとまとめにします。


f:id:midorikirin:20180411222148j:image

■■■■■

 

今回の見出し

  • 持論「Mは妖怪不倫おじさん」
  • 【妄想】お前らM妻に謝れと言いたくなる。
  • 圭ちゃんの未来は、妖怪トラウマ吟遊詩人
  • 薫里は妖怪「彼といると成長できるの女子」
  • まとめ:とりあえずMが嫌い。

 

 

■■■■■

 

持論「Mは妖怪不倫おじさん」

 

Mは薫里にとって、潤いと生きる力を与えてくれる、なくてはならない存在。

愛しているが、Mの家庭を壊すつもりはない。M妻から奪う気も、Mと結婚する気もない。

 

というのが、かおりたんのお考えで、小説も漫画もその視点のみで描かれる。

友人美佳が「Mにとって、ただの都合の良い女だよ」と言われても、気にしない。私達はベストな関係を築いているのだと。

 

そうなのかな……。

モヤモヤを抱きなから読み進めると、二人のなれそめが出てくる。

 


f:id:midorikirin:20180412161717j:image

はじまりは仕事。

薫里は20代半ばで、フリーライターとして駆け出しの頃。プライベートでは、学生時代からの恋人と辛い別れをしたばかり。

そこで出会ったM。

穏やかで、周りを気遣い、自分を高めたり支えたりしてくれる。


f:id:midorikirin:20180412161934j:image

 

 やがてMに恋心を抱く薫里。期間限定の仕事だったため、もう会えないと分かった時、彼女はMの前で泣いてしまう。


f:id:midorikirin:20180412162132j:image

薫里の自分に対する好意を知ったM。


f:id:midorikirin:20180412162237j:image

ちなみに、薫里が恋心を抱く前に、Mは妻子持ちであることを話しています。

なのに、Mは


f:id:midorikirin:20180412162516j:image

パリ旅行に誘います。

しかも、ホテルは一部屋しかとらない。

確信犯……(((((゜゜;)

まんざらでもない薫里は、状況を受け入れ、Mと夜を過ごします。

 

以降、二人は公の場では、親しい仕事関係者を装いながら、週の半分位は一緒に過ごす間柄になりました。

 

その後に、ぱぷりこ様著『妖怪男ウォッチ』を読み返したのですが、Mのやり口が、妖怪不倫おじさんとほぼ一致してて……。

 

仕事を頑張るけど、悩みも抱えている若い女の子に「相談に乗るよ」「力になるよ」的に話しかける。

イケるなと確信したら、流れるように誘ってオトす。

 

いや、Mよ、

 
f:id:midorikirin:20180412163547j:image

↑ここで留まれよ。

自らアクセルを踏むなよ。

 

薫里は結婚に興味がなく、M妻に嫉妬するタイプでもないから、ゆるゆるダラダラと続いてしまった。

もし、薫里に結婚願望があったら、薫里から縁切りする覚悟も出来ただろうにね。

なので、Mは都合の良過ぎる女を手に入れた形にしか見えない。

 

■■■■■

 

【妄想】お前らM妻に謝れと言いたくなる。

 

パリ、白ワイン、美味しいご飯、しっとり国内旅行。

私の心をくすぐるコンテンツが多い中、どうしても引っ掛かってしまう存在、M妻

M妻については、薫里がMから聞いた情報以外何も書かれていない。

学生時代にMと出会った。職業、教師。Mがカメラマンとして収入が安定するまで彼女がサポートした。家事を完璧にこなさないと気がすまない性格。

うーん……。

情報が少ないので、個人の感覚だけで言うが、Mが稼げてない間、妻の収入で生活を支えていた。Mの様子から見て、がっつり家事育児に関わったとも思いにくい。

となると、M妻は、ワンオペ家事育児&稼ぎ頭という、超絶ハード生活を過ごしてきたんじゃないか?

M妻の性格上、Mが家事育児に関与しにくいというのもあるかもだが。

で、自分の稼ぎが落ち着いたら、不倫ですか💧

 

ネットで見つけた感想より「MとM妻の関係は冷えきっている。M妻は薫里の存在に気付いているが知らないフリをしている可能性がある」説。

理由は「家事完璧にしたい性格だったら、夫の個人事務所に現れて、掃除等するのではないか。そうしたら女の存在に気付くだろう。関係が冷めてるなら、気付かないふりするのも、事務所に近付かないもの納得できるだろう」からとのこと。

なるほどと思いつつ、私は違うかなぁと思いたい。

M妻は働いていて、Mに経済的依存の必要がないので、関係が冷めて、かつ不倫されてるならスッパリ離婚できるだろう。

娘達の為に別れない、という可能性は低いかなと思う。M家族は毎年の海外旅行を定番行事としていて、今年(作中の)も行く。

本当に不仲で感情を偽装したまま家族旅行って、多感な思春期を迎える娘達は気付きそう。そうしたら、参加したくないよね。娘達がソンタクして、旅行に参加してたら、それこそ可哀想だよ……。

という訳で、私の希望としては、薫里の言うように、明確にはバレていない。

Mが青山の個人事務所から家に帰らないのも、M妻が事務所に来る気配が無いのも、単純に家が遠いからなんじゃないかな? M妻は教師だから、学校に通いやすい場所に住んでいて、それが青山からかけ離れているのかもしれない。フリーカメラマンだから、毎日帰って来るのが当たり前と思ってないのかもしれない。

うん、お願い。そうであって。

そして、バレたら、慰謝料ふんだくって離婚してください。

とにかく、MとかおりたんはM妻に謝れ。

 

 ■■■■■

 

圭ちゃんの未来は、妖怪トラウマ吟遊詩人

 

次に圭ちゃんについて。

26歳フリーター、ミュージシャン志望。バンドマン。高卒。貧乏生活。

婚活女子の希望条件に全く当てはまらないスペックの彼だが、薫里との交際は真剣に考えていた。結婚も夢見ていた。薫里の仕事を理解しようとし、二人で一緒に家庭を築いていきたいと思っていた。

もしかしたら、薫里との結婚の為に、安定した職につこうと考えていたかもしれない。

しかし、残念ながら彼はフラれた。薫里はMから圭ちゃんに切り替えることが出来ず、結婚をちらつかせる圭ちゃんを重く感じた。

 

その後の彼について描写が無いので想像だが、2パターンのどちらかだと思う。

1つ目は、失恋という苦い恋の経験を音楽の場で表現していく、文字通りの吟遊詩人。

2つ目は、失恋というトラウマを語り、女から甘い蜜だけを都合良く吸うトラウマ吟遊詩人

前者はどこか憎めない感じがあるけど、後者は妖怪男です。

圭ちゃんはフラレる直前辺りから、実はかおりたんの友人美佳と接触していた。理由は美佳は以前から圭ちゃんに気があり、美佳にとってはチャンスだったから。

かおりたんにフラレて間もなく美佳からのアプローチを受けた圭ちゃんはやがて「俺、年上にウケるんじゃね?」と気付く。年上の働く女性。美味い飯を奢ってくれたり(かおりたんは主にそんな感じだった)、自分に尽くしてくれたり(美佳は圭ちゃんに惚れてて、ようやくゲットできるからね)、良いことづくしじゃん。でも、結婚を意識したらかおりたんにフラれたから、今度からは結婚はほのめかさないようにしよう。逆に迫られたら「昔、好きだった人に重いと言われて……」とぼやかせば良いじゃん。

女と面倒なことにならない上に、美味い飯がタダで喰える。性欲処理も出来る。家事もやってくれるかもしれない。圭ちゃんが年上女性OKなら、最高じゃん! トラウマ吟遊詩人!

と、ならなきゃ良いんだけどね(笑)

 

■■■■■

 

薫里は妖怪「彼といると成長できるの女子」

 

最後にかおりたんも素晴らしき妖怪女子だなと思いました。彼女は「彼といると成長できるの女子」だと私は思いました。

ぱぷりこ様が提唱するこの妖怪女子のお相手は、モラハラ系妖怪男であることが多いので、ちょっと違いますが、薫里がMといることで、QOLが上がってると思っているから、結構重症かもしれない。

私がトリアングルで一番嫌いな場面。

ラッキーでとあるイベントの景品(主に美味い食べ物)を大量にゲットしたかおりたん。

Mと美味しく頂いていると、Mがコメント。

「でもさ、そういう場面では『充分過ぎる程頂いてしまいましたので、この景品は2位の方にお贈りしたいです』て、景品を分け合えば、周りから『薫里さんはスマートで気配りできる女性だな』て、好印象与えたかもだし、それが大人の対応じゃない?」と。

は、はぁ……?

お前何言ってんの?

妻と娘を騙して、よその若い女で食欲性欲満たしている奴が、気配りとか配慮とか言うなよ。

まさか、毎年家族旅行してるから、家族にも俺はちゃんと気配りしてるぞ☆て言いたいの?

景品を分け合う行為は、悪くないし、他のイベント参加者も嬉しいだろうけど。お前に言われたくない。

かおりたんが、Mに指摘されて、必死で言い訳述べて、最後は「ひえ~ん、まだまだ未熟でした~」で締める。(本心からそう思っているから泣けてくる)

きっとその時のMは大人の余裕を浮かべたドヤ顔だろう。

M妻に代わって殴りたい。

 

■■■■■

 

まとめ:とりあえずMが嫌い。

 

長文連ねましたが、まとめると私はMが嫌い。そして薫里もあまり好きじゃない。圭ちゃんは元々好みじゃない。美佳やM妻とは友人として気が合わなそう。

でも、トリアングルという作品は好きだ。

 

以上。

 

↓今回の感想文を書く上で参考にした書籍。

 

妖怪男ウォッチ

妖怪男ウォッチ

 

 

 

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

 

 

↑無料で妖怪男と妖怪女子の生態やら、恋愛魔窟をご覧になりたい方は、是非ブログをお読みください。