私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

夢も成長する。※個人的意見

こんな夢を見たと語るのは楽しい。なので、ブログで書きます。

心理学とか脳科学とか勉強してないし、本も読んでないから、超自己満足個人的解釈です。

今回の見出し

  • 子どもの頃:母を探し続ける夢
  • 大人になってからの夢:ドラマチック、同じ場所、出掛ける準備をしている
  • 子どもの頃と今で違うこと。
  • 結論:夢は成長する。

 

■■■■■

 

子どもの頃:母を探し続ける夢

 

子どもの頃に見た夢は怖いものが多かった。

【思い出せる内容】

  • 家の近くの道路を新幹線が走り、私を追いかけるので必死で逃げる。
  • 坂道の向こうに家族(母親)がいるのに、坂が滑って登れない。

 はっきり覚えているのはこれぐらい。どの夢も傾向はこんな感じ。

母を探し続ける夢。

 私には下兄弟がいたから、お母さんべったり子にはならなかった。小学校入ろうとする兄弟が母の膝に乗っかっている様子を傍目で見ていた。

潜在的に母を求めていたのかしら。

 

■■■■■

 

大人になってからの夢:ドラマチック、同じ場所、出掛ける準備をしている

 

子どもの頃に比べて、今の方が夢を見るのが楽しい。大人になってから見ることが多い夢の傾向を説明する。

 

  1. 映画やドラマの様な激しい展開:自分がその出演者になっていて、ジャンルはホラーかミステリーで舞台は現代が多い。目覚めた瞬間「これ面白い小説になるんじゃないか」と思うが、内容を一瞬で忘れて思い出せない。
  2. 「ここ、(夢で)前にも来たことがある」同じようなロケーション

    閉園間近・閑散期とかで人が少ない遊園地。

    学校近くの川縁。

    校舎。渡り廊下。

    駅直結の大型ショッピングセンター

    電車の駅のホーム

    これらは自分が知っている場所がモデルになっていると何となく分かる。記憶に残りやすい夢なのでノスタルジックな余韻を味わいやすい。

  3. 着替えたり、荷物をまとめている:私は夢で度々何処かに行く準備をしているが、上手く出来なくてイライラしている。思っている場所に欲しいものはないし、時間の流れめちゃくちゃだから、準備出来ないまま次の展開に進んだり、置いていかれたり。酷いのは服を着替えなきゃいけないのに間に合わず、裸でその場をしのがなくてはならない時。もうやめて。

 

■■■■■

 

子どもの頃と今で違うこと。

 

大人の夢の方が色々書ける。理由は子どもの頃の夢で出来なかったことが、大人になってから出来るようになったからだ。

その最たるものが、夢でご飯を食べられる!!!

子どもの頃は自分が手にしていたお菓子を口に入れようとしても、それは映像か幻の様で味はもちろん食感もなかった。

しかし、大人になってからは、充実したメニューを目の前にし、それを食べる自分がいる。味も感じられる場面が多い。

 

あと2つ、私が夢の中で出来ることは、「空を飛べる」と「夢の中で目を覚ませと願ったらその夢が消える」こと。

夢で私は低飛行出来る。ジブリ魔女の宅急便』でキキがコリコの街を初めて来たとき優雅に箒で街中を飛ぶけど、バスとぶつかりそうになる。あれくらいの高さ。屋内だと子どもが持つ風船位の位置を、床と身体が平行になるような状態でスイスイ泳ぐように進む。だから、落ちそうになる夢を見ても「大丈夫か」と思える。

もう1つのスキル「強制終了」。怖い夢を見た時「この場面はもう嫌! 早く切り替わって!」と願うと場面が変わる。おかげで私は殺人犯やお化けに襲われる経験は夢の中であまりない。

空を飛ぶことと強制終了は、子どもの頃の努力の賜物だ。子どもの頃は助けを求めながら逃げる夢が多かった。飛行能力はその中で移動手段として身に付けたし、本当に怖くて耐えられなかったから必死で願い、テレビの砂嵐のような画像の後に目覚めていた。夜中に目覚める為、起きても真っ暗。母の傍には下兄弟がくっついているので、寂しくても近付けない印象が微かに私の中に残っている。

辛かっただろうが、幼き頃の苦労を得て、私は夢の中を都合良く進めている。よく頑張ったよ。

 

■■■■■

 

結論:夢は成長する。

 

ここまで、子どもと今の自分の夢について語ったが、私が考えた結論は「夢も成長する」と言うことだ。

夢は脳が作り出す。脳が取り入れた記録を再生する為のものと何かで読んだことがある。

大人になった方が具体的になるのも、経験値の差なんだと思う。子どもの頃は視野が狭くて、自分の力ではどうすることも出来ないことか多かったし、母を本心は求めていた。そういった不安が多い、僅かな情報だけで築かれる夢は怖くなりやすかったのかも。

大人になってからは、現実で色んなことを体験するし、映画等も話を理解しながら観られる。食べたいものを好きなだけ食べられる。経験が豊かになっていく。そりゃあ夢もアップデートしていくわ。

 

夢が自分の経験次第でアップデートしていくなら、これからももっと沢山良いものに触れて体験していきたい。リア充になるという訳じゃないけど、五感を意識して日々を過ごしたい。とにかく脳みそをちゃんと動かしていきたい。

そうしたら、今よく見る「準備する」だけで終わる夢も、やがては「出発」できるかも。更にその先も行けるかもしれない。

夢を楽しめるって、幸せなことだなと思う今日この頃でした。

 

 

魔女の宅急便 [DVD]

魔女の宅急便 [DVD]

 

 ↑コリコの街を夢の中で歩いてみたい。

 

 ↑夢の中で冒険と言えば、私にとってこれ。のび太達が見る夢は大分ダークファンタジーな世界観だから私は別な夢を見たい。

 

↑夢じゃないけど。コナン映画で好きなやつ。

いくつかある世界観から選んでゲームをするんだけど、どれもハード過ぎて(コロシアム、殺人犯を追う、ジャングル大冒険等)、どれも嫌だと思った。子ども向けならもっとゆるふわな世界観を作ってよ!

私が好きなぱぷりこ様の記事を紹介します!

29歳の春に失恋した。落ち込む私に友人は言った。

「まずは寝て食べて体力つけてから、しっかり反省して次どうするか考えな。あるブロガーさんが書いてたけど、思考は人生税リボ払い。今の内にやっておくんだよ。先延ばしにして歳をとったら考え方とか直すのもっと難しくなるし、誰も注意してくれなくなるよ」

そのブロガーさんの名前は「ぱぷりこ」。私とぱぷりこ様との出会いだった。

 

今回はぱぷりこ様のブログ『妖怪男ウォッチ』を中心に語ります。

どんなブログかと言うと、婚活頑張るアラサー女子に向けた筆圧強めの恋愛ブログ♥️です。

初めは勉強として読んでましたが、段々ぱぷりこ様のバッサリした文章(筆圧)が癖になり、ぱぷりこ様の筆圧シャワーを浴びたくて、コラムやTwitterや書籍をストーキングのごとくチェックするようになりました。

とは言え、ただのにわかファンの感想文です。心広くしてお読みくださいますようお願いいたします。

 

今回のポイント

  • 「自分と向き合う」「自分を知る」とはどういうことか教えてくれた。
  • いざ婚活! 私のバイブル「素直最強」な記事。
  • レシピ本を見るだけでも幸せになれると教えてくれた記事
  • まだあるよ! 筆圧☆筆圧☆( *・ω・)ノ

 

■■■■■

 

「自分と向き合う」「自分を知る」とはどういうことか教えてくれた。

 

ぱぷりこ様自身も、ブログの代表的記事と称すこちら。

前述の友人もこれを読んでいて、私にアドバイスをくれた。その後読んだら考え方が今までの自分とまるっきり違っていて衝撃だった。

これまで私は幾つものカウンセリング系のネットコラムや記事を読んでいた。そこでは「自分を認めてあげましょう。許してあげましょう」と優しく書かれていた。しかし読みながら「いやでもやっぱり私はここが駄目だし……」と全く納得出来ていなかった。むしろ「自分を認められない自分は最低だ」と思考回路を悪化させていた。

そんな時にこの記事。

で?

この惨状をありのまま認めるの?

自分のすべてを受け入れるの?

無理だろ。

 自分を認めることを説いた記事なのに、否定したーーー??!

ぱぷりこ様は教えてくれた。駄目な自分を認めるってのは、凄くしんどいし嫌な作業なんだよと。

だからって放っておいたら、ますます自分が見えなくなって取り返しのつかないことになる。アラサーの私はギリギリと言えた。

私は何度も読み返し、心の中でモヤッとしたことがあれば「そうそう、私は汚い奴なんだ、うんこなんだ」と言い聞かせた。これは自分を卑下してるのではない。冷静になる為のおまじないみたいなものだ。

その他の記事でも、ぱぷりこ様は恋愛婚活に大切なのは思考・哲学・考えることだと幾度も書いている。

モテテク♥️ 愛され♥️ ゆるふわ♥️ 守ってあげたい♥️ と言ったタイトルを見る度に、当てはまらない自分は駄目だと落ち込んでいた私は大変救われた。

 

■■■■■

 

いざ婚活! 私のバイブル「素直最強」な記事。

 

失恋後決意を固めた私は、20代最後の夏を婚活に捧げた。そんな時にぱぷりこ様のこの記事を読んだ。

「素直最強」とは、自分の望み(結婚・恋人を作る)を達成できていない時に、自分の思い込みや決めつけを手放して、人のアドバイスやデータに耳を傾け、「自分の行動が間違っていたのかも」という仮説を受け入れ、行動できることです。

 何回読み、頭で呟いたか「素直最強」と。

私には婚活を応援してくれる友達がいた。その友達のアドバイスや勧めてくれたことは出来る限りやってみた。

  • 有料婚活サイトに入会した。
  • 婚活サイト用のプロフィール写真を友達に撮ってもらった。
  • マッチングした人とメッセージして食事アポした。
  • ちょっと好みと思った男性には自分から「会おう」と誘った。

 あの頃の私、本当に頑張った。今の私がいるのは、応援してくれた友人と、今までのやり方を変えて頑張った自分と、ぱぷりこ様の記事のおかけだよ。

ちなみに「素直最強」は、婚活に限らず、友達や家族、職場関係。人と関わる場面では、有効ではないかと思う。

最近してなかったので、改めて唱える。

素直最強!!!

 

■■■■■

 

レシピ本を見るだけでも幸せになれると教えてくれた記事

 

最後に紹介するのは、婚活はあまり関係ないが、大好きで何回も読んでいる記事だ。

テリーヌ&パテ、フレンチ料理、ル・クルーゼ

登場するレシピ本は、とにかく料理のクオリティが高い。本屋さんで見つけて、ニヤつきながら立ち読みした(すみません、購入には至らず)。

特にテリーヌ&パテのレシピとフレンチ本は、見てて最高に楽しい。マメに自炊しないけど、本屋に行くとレシピ本コーナーを覗くようになった。

本当に美味しくて素晴らしい料理は、ただ写真を眺めるだけて幸せな気持ちになれるのか。

序盤で紹介されているキラキラ系のブログやTwitterアカウントも実に興味深く面白い。別の意味でお腹いっぱいになれる。

 

■■■■■

 

まだあるよ! 筆圧☆筆圧☆( *・ω・)ノ

 

勢いに乗って書きましたが、ぱぷりこ様の筆圧はこの程度じゃあ終わりません。

 

ブログの他にも様々なメディアでコラム等を執筆されているぱぷりこ様。

伝えたいテーマは変わりませんが、掲載メディアによって若干変わる筆圧の差を味わっております。

私が特に気に入っているのはこちら↓ 

 アラサー撒き餌女子の恋愛☆百鬼夜行 (3) 結婚式が最多の11月に読みたい! 妖怪アラサー女子の披露宴☆怪奇譚 | ライフスタイル | マイナビニュース

筆圧と言うよりホラー……。でも、面白い。これを読んで私は無理に披露宴するのはやめようと思った。マジで。

 

最近読むかどうか悩んでいるもの↓

 

有料コンテンツです。正直スマホ内の「有料」に抵抗を感じてしまう為、まだ覚悟出来ていません。もしこのシリーズが書籍化したら即買いする。ぱぷりこ様執筆の中でも一番筆圧強いシリーズではないかと思います。一部の無料テキストだけでもかなりのパワーを感じます。

 

■■■■■

 

まとめ:人生を変える出会いってあるんだな。

 

さて、ここまでウキウキしながらぱぷりこ様の記事をペタペタ貼った訳で。

これからもにわかファンとしてぱぷりこ様のご活躍を応援いたします。

いつかはアラサーだけではなく、アラフォー向けの記事も書いてほしいなぁ……。婚活だけではなく、夫婦子育て親族関係にも突っ込んでいってくれたら嬉しいなぁと欲張りなことを思うばかりです。

 

 

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

 

 紙からぱぷりこ様の筆圧を味わいたい方にオススメ! 『妖怪男ウォッチ』書籍もありますが、こちらの方が読みやすいと思います。

 

妖怪男ウォッチ

妖怪男ウォッチ

 

 と言いつつも、こちらも面白い\(^_^)/