私には価値が無い。

30過ぎの地味女が気持ちを整理する為、ネガティブを綴る。読んでくださった方の反面教師になれれば幸いです。

【投稿記事50超え記念】私の好きなブログやTwitterアカウントを紹介したい。


f:id:midorikirin:20180530183748j:image

 

ブログを始めて1年経ち、投稿記事数が50を超えました。

今回は感謝の気持ちを込めて、私の好きなブログやTwitterを紹介します。

文字数と好きが比例するとか深読みはしないでください😁

※順不同です。

 

 
f:id:midorikirin:20180530184734j:image

トップ画像が何故『十二人の怒れる男』なのかというと、現時点での私のブログ読者数が12人だからです。

まさに神12(トウェルヴ)

※アイコンは隠しましたが、勝手に掲載してすみません。

 

■■■■■

 

人生を変えたブログ。ぱぷりこ様の『妖怪男ウォッチ』

 

まずはこれを語らなければ。

と言っても、ぱぷりこ様は私にとって特別過ぎるため、既に過去記事で語りまくっています。

なので、興味のある方はこちらをどうぞ。↓

 

↓類似記事(自分の)

↓なんと、妖怪男ウォッチが漫画化されるそうです。

 

■■■■■

 

最近顔出しされ、そのお美しさに震えている。

 

 

キラキラアカウント、パパ活毒親、イギリス留学・在住等々、私の知らなかった情報を知的なお言葉で語ってくださる素敵なお方。

執筆コラムのジャンル幅が広く、プロフィールも掲載コラムに合わせて若干変えているのが興味深い。

さっぱりした文章なのに、優しいの……。

↓好きな記事。ダイエットはしてませんが、食生活を考える参考になりました。白トリュフオイル買いました✨

 

↓優しさMAXなコラム。心が沈んだ時に読みます。

トイアンナの「生きづらさ」診療所 : LINE占い Magazine

↓婚活、就活、ビジネス、メンズ向け等々、様々な記事を書かれるトイアンナ様。以前、トイアンナ様の記事を参考に書いたものもあります。

 

■■■■■

 

この先、歳を重ねていくことへの不安を無くしてくださいました。

 

ブログじゃないけど……(笑)

ぱぷりこ様もリスペクトするライター様。

とにかく、めちゃくちゃ面白い。スカッとする文章が最高です。

Twitterのタイムラインに「JJ」という単語が何度と出てくるので、覗いてみたら、「熟女」という意味でした。

私の中で起きている熟女ブームはこの方のせいです❤️

アルテイシアの熟女入門を読み、年齢を重ねることへの抵抗がかなり弱くなりました。友達、大事にしよう……!

アルテイシア様の記事も、過去記事で参考として紹介させてもらっています。

 

■■■■■

 

一応現在既婚なので、家族親族のあれこれを学ばせてもらっています。

 

更新ペースが早く、タイムリーな話題もサクッとブログで書かれている、読者としてはありがたいトピシュ様。

Twitterでは、ほっこりする発言小町を紹介してくださってます。

教育、子育て、嫁姑問題等々、家族・親族にまつわるあれこれを勉強させてもらっています。

発言小町の盛り上がりをほっこりと表現し、美味しく頂くトピシュ様の姿勢を素晴らしいと思っています。

最近の記事のこちらも非常に興味深いです。

 

 

■■■■■

 

内容に興味はあまりないけど、ブロガーとして最もリスペクトしています。

 

 

広く表現するなら、アニメジャンルなので私の好きな方に入るのですが、狭く表現するとプリキュアジャンルになるので私は興味あまりないのです(ごめんなさい)。

 

しかし、この方のブログやプリキュアに対する姿勢がとても素晴らしいと思います。更新もマメで、複雑なデータを短期間でまとめられているのが凄いです。

プリキュア以外のアニメ関連のデータもまとめてくださっているので、とても嬉しいです。

↓私が凄いなぁと思った記事の一部です。
朝日新聞に、載りました。 - プリキュアの数字ブログ
国会図書館に、プリキュア同人誌を納本しました。 - プリキュアの数字ブログ
日本のアニメ、0~100歳まで全てのキャラがいる説。 - プリキュアの数字ブログ

↓過去記事でも紹介させてもらっています。

素敵な情報をありがとうございます。

 

■■■■■

 

自炊、ごはん、について私になかった視点から語ってくれています。

 

 

これまでのブログは、プロ・セミプロな感じのものでしたが、この方は(多分)趣味でブログを書かれている一般の方。

はてなブログ内で、さまよってたら出会いました。

私が好きなのは、自炊やご飯にまつわる記事。

↓特にこれが一番好きで、何度も読みました。

アスパラってこんな風に調理するだぁと感心しながら読みました。自分も真似して、アスパラを茹で、茹で汁をスープにしたら物凄く美味しかったです✨

理研究家のレシピ等も読まれているらしく、記事後半の料理研究家さんに対するコメントは目から鱗でした。そんな風にレシピを見たことがないです。

↓記事が好きすぎて、こちらもちょこちょこ覗くようになりました。

 

■■■■■

 

素敵なTwitterアカウント様達

 

自分と全く違う人の言葉を見ることが出来るのがTwitterだと思っています。

 

エロくて、美しくて、カッコいい。

 

なお、上記お二人のツイートには、畏れ多くて、いいねすらできません……。

 

フィギュアで4コマ漫画を作られている方。

ヨシヒコと、コブラと、HKが登場する話が好きです❤️

 

昆虫達のゆるくて可愛い、ちょっと切ない4コマ漫画。

カエル親子が好きです✨

 

■■■■■

 

まだまだ好きな記事やアカウントは沢山ありますが、今回はここまでとさせていただきます。

皆様、ありがとうございます\(^_^)/

 

 

十二人の怒れる男 [DVD]

十二人の怒れる男 [DVD]

 

 

 

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

 

 どちらも面白くて好きです✨

女優さんがホクロを取って綺麗になったという記事を見て、美容メンテナンスは選択肢の1つとして知っていても良いと思った。

沢口靖子さんだと気付いた時「綺麗になった? 前より若く見える?」と思いました。

 
f:id:midorikirin:20180528172213j:image

先日久しぶりに、ドラマ『科捜研の女』を見ました。

 

捜査会議の場面で「主人公の沢口靖子さんがいないなぁ、石田ゆり子さんも出演してるんだなぁ」と思っていたら、私が石田ゆり子さんと思っていた方が沢口靖子さんだったのです。

 

石田ゆり子さんは高須院長も評価する、透明感溢れる、老け知らずな美アラフィフ。 

沢口さんだと気付いた時「綺麗になった? 前より若く見える?」と思いました。

その理由(と思われる)が、高須院長のコラムに書いてありました。

 

時期は不明ですが、沢口靖子さんは鼻下のホクロを切除したそうです。

ホクロ有り無しの写真も掲載されており、見ると確かに印象が違います。元々お綺麗ですが、数ミリの黒点を無くした今の方が、肌の明るさがアップし、若々しくなった気がします。

(写真チョイスも関係してるかもですが)

 

美容クリニックの視点から、ホクロを切除した沢口さんを高須院長は評価されていました。

 

■■■■■

 

目立つホクロをどうするかは女優さんも含め、人それぞれで良いと私は思います。

 

一方、記事にはホクロが少し目立っているということで、別のアラフィフ女優さんについても取り上げられています。

「ホクロが昔に比べて大きくなった?」「老けて見える」という意見が出ているようです。

高須院長いわく、加齢と共にホクロ・シミは成長して大きくなるもので、目立つホクロが顔にあるとどうしてもオバサンぽく見えてしまうとのこと。若い頃はチャームポイントだったとしても。

また、次のようにもコメントされてました。

 「(ホクロ・シミは)大きくなり続ける、または悪性化するなんて場合もあるね。なので、美容面でも皮膚の健康面でも、目立つホクロやシミは対処法を考えたほうがいいとボクは思うな~」

 

まぁ、でも、目立つホクロをどうするかは女優さんも含め、人それぞれで良いと私は思います。

オバサンぽいと言われるアラフィフ女優さんも、ホクロを活かして、味のある中高年女性役を目指すという道もありますし、誰もが若々しくある必要はないと思います。

沢口靖子さんがホクロを切除した理由は分かりませんが、ドラマ『科捜研の女』で、若手中堅と一緒に現場で働く刑事を演じるには、明るさやアクティブさが際立つ方が良かったのかもしれません。

 

■■■■■

 

私達の容姿は私達自身で決めて良いのです。

 

見た目が仕事において重要になる芸能人の場合、ホクロやシミ、シワやたるみ等々、いわゆるマイナス面をどうするかは個人の自由だけでは決められないのかもしれません。

それ以外の職業なら、ほとんど容姿について言及されることはないでしょう。「ホクロを取れ」「シミをレーザーで薄くしたら?」なんて、職場の上司から言われればパワハラになりかねません。

なので、例外を除き、私達の容姿は私達自身で決めて良いのです。

自分の気持ち、コスト、メンテナンス過程等、色々検討して、判断することが大切だと思います。

気を付けなくてはいけないのは、自分を否定しないことと、他人の容姿を面と向かって(相手に届くように)否定しないことです。

 

■■■■■

 

美容クリニックを受診することは隠さなくてはならないもの、という感覚が私の中でかなり弱くなっています。

 

自分の容姿をどうするかは、自分のアイデンティティをどう形成するかでとあり、基本的に個人の自由です。

そして様々な選択肢があることを知っておくのは良いと思います。他者から反応や、あるいは自分を客観的に見た結果、ひどく苦しいなら、色々な対策が出来ることは生きる上で大切です。整形に依存する等、対策が原因で更に苦しむことにならないようにはしたいですが。

私自身、顔の目立つ場所に広範囲のシミがあります。

幸い写真を見ても、そのシミがはっきり確認できるほど濃くはありません。今はドラッグストアで買った安い美白クリームを塗っているだけです(それもしょっちゅう忘れる)。 

そのシミが濃くなり、自分が恥ずかしいと思うくらいになったら、美容クリニックによるメンテナンスも考えようと思います。

美容クリニックを受診することは隠さなくてはならないもの、という感覚が私の中でかなり弱くなっています。

お金のことも考えながら、自分と向き合っていきたいです。決して「こんなシミが出来るのは、スキンケアが下手くそで、生活が雑で、ちゃんとしてこなかった私が悪いんだ」と思い込みすぎないようにしようと思います。

 

余談ですが、先天的理由や病気事故等による肌のコンプレックスを、個性として誇ろうという素敵な記事がありました。

肌のコンプレックスについて、隠す以外の術が無いのは、悲しいことですよね。

やけど痕に、アルビノ...肌の多様性を肯定した英ブランドに称賛の声

 

 

■■■■■

 

 

高須院長のコラムを取り上げるのは、今回で2回目です。

認めなくなかったけど、ゴシップネタ、芸能ネタがそれなりに私は好きなんですね……。